撃ったミサイルに後から戦闘機が追い付くことは、絶対にできないんですか?

国際情勢 | ミリタリー636閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:10/21 19:35

その他の回答(9件)

0

出来ません。 パイロットに凄まじいGが襲い掛かり、死にます。 なので戦闘機の速度はパイロットが死なない程度に抑えられています。

1

まず不可能です。固体燃料ロケットモーターを搭載したミサイルの加速は戦闘機の最大出力による加速に勝ります。これは当たり前で、そうでないと逃げる敵機を墜とせないです。 ここからは蛇足。 自分の発射したミサイルに自分が追いついた事例はありません。発射と同時に自ミサイルが自機に突っ込んで撃墜されてしまったことはありますが、これは発射システムの不具合でした。 翼下や胴体下に吊下されてるミサイルを発射するときは、自機を認識しないように二箇所で固定されているフックの前方が先に外れ、ミサイルはいったん40度ほど下を向くようになっています。発射後はあっというまに母機を追い抜いて行ってしまいます。追いつくなんて絶対不可能な加速です。 が、事故のときはなぜか同時に外れたんです。そのためミサイルは自機のエンジン排気を認識して機体の後方から一気に加速して母機へつっこんでしまいました。

1人がナイス!しています

0

自分で撃ったミサイルに自分で追いつけるかってことなら、可能です。 自分にミサイル当てちゃう事故もあるし。 自分で撃った機銃の弾に当たっちゃうこともあります。斜め上に撃ったあとに水平飛行すると、進路上に弾が降ってくるので。

0

亜音速の対艦ミサイルや、巡航ミサイルなら、並走して飛べますけど、 空対空ミサイルとか、マッハ3以上は出るのだから、追いつけませんよ。 ハープーンやトマホークとか亜音速ですよ。

0

いや。追いつくと言うか、追い越して自分に当てた事例があるんで。 そうならないように工夫してます。 ミサイルはいきなりマックススピードには成らないし。 敵機にまっすぐ飛びませんから。 進路が交錯しないようにむしろ工夫してます。 F-14がテスト中に自分にスパローミサイルを当てたことがありまして。 空対空ミサイルは、最後はけっこう燃料無しで滑空して射程を伸ばしてるんですが。 そのエネルギーを得るために、発射後に高度を上げます。 この過程で、ミサイルより先に進行した戦闘機に下から当たったんです。 なお、以後はもっと下に落としてからミサイルは上昇するように時間を稼いでます。