ID非公開

2021/10/16 22:58

55回答

生徒の夢を否定する先生って、どうなのでしょうか?今日、生徒が私に話をしてくれたのですが、どうやら、前の担任の先生に「これからの社会、その職業は大変だし難しくなる」の一点張りで、初めはご両親は応援してく

ベストアンサー

0

この返信は削除されました

その他の回答(4件)

0

>私はフワフワした夢をみている中高生を見ても、いつか現実の壁にぶち当たるだろうけれど勝手に頑張ってね。と心の中で思うだけでわざわざ指摘しようと思えません。回答しても「私は素晴らしい夢だと思いますよ。一度きりの人生です。失敗を恐れず後悔の無い生き方を!」と無責任に応援します。どうせ他人事なのに現実をつきつけるという嫌な役を買って出る回答者さんはとても優しいですね。 という意見もありますが、私は彼?彼女?よりお節介なので回答しているので、「此処で会ったが百年目」短くしようと思いましたが長文です。先生だから最後まで読む気力と読解力はありますよね。 ここに相談するのは大賛成ですが、令和の若者は「やりたい/目指したい仕事」と「自分が社会から求められる仕事」には明確な差があることを知らなかったりします。 新卒が労働市場じゃ最高値なのに、「こんなはずじゃない」と我慢できずに自己を過信して退職し、結果として新卒1/3が3年以内に離職し、20代前半の非正規雇用は35%程度だったりします。(いくら教員が世間知らずであっても非正規雇用者は被害者じゃないなんてアホなことは言わないで下さいね)この毎年出る何十万人の責任は全部「失敗を恐れさせずに応援する」無責任な教員が存在するからです。 卒業できればまだ良いですよ。でも専門学校や大学の広告に騙されて勉強についていけずに中退すれば悲惨ですよ。新卒枠はもう使えません。そこで中退という学歴が足を引っ張ります。過去質からの引用ですが、 >ID非公開さん 2021/6/21 14:01 高卒の無資格、専門学校中退が最終学歴だと中々正職では雇って貰えず、親戚ずてで事務で正社員を務めましたが、期間が定められており長期雇用は難しかったです。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12244998927?__ysp=44Oq44OP44OT44Oq こういう連中が毎年何万人も出ている。全部、失敗を恐れさせずに応援されたからですよ。 あなたは生徒が現実に対応しなければならないということを考えていますか?「先生」は良いですよ。卒業すれば赤の他人ですもの。でもご両親は子供と一生つきあわないといけません。 最後に教員についてです。 【2019年、出生数は過去最小の86万4千人!推計より2年早く、初めての90万人割れ】 使い捨てられる教師たち 「非正規教員」制度の構造的課題 ...頑張るも何もそれ以前に席があるかという当たり前の話があります。既に国立学校の教員は公務員身分を失いました。令和の時代は私立学校教員と基本的に同じです。会社都合でリストラです。なんとか就職しても少子化で公立学校は統廃合されています。第三セクター経由民営化で失業は既に当たり前の話です。私立は生き残りに必死です。中高年になったとき履歴書一行資格になるかもしれません。×の並んだあみだくじを引くようなモノです。これが統廃合されるたびに繰り返されます。 だから教員志望をやめろというのは極めて理にかなっています。 あなたが無責任な応援をする度に、統計上1/3以上の確率で生徒を「やって後悔」へ追いやっています。 最後に教員にとって「絶対正しいという方法」は、学習指導要領に従うことです。学校の先生も学習指導要領に従って教えないといけないサラリーマンです。昔も同じ。「天皇陛下は神だ!」と言っていたのに敗戦したら天皇陛下を「テンチャンはね。」と教科書を黒塗りした先生と同じです。先生は行動が決められているサラリーマン。

1

絶対に正しいはない。 つまり正解がない。 そんな時にやる事はひとつです。 覚悟決めることです。 "先生の行動が生徒の人生を左右する" 前半はそんな話ですよね。 だとしたらかなり責任ありますよね。 ならば… 生徒のことを誰よりも考えて、あなたは行動しないといけないのでは? これって、 覚悟が無いとやれないと思います。 ここでの覚悟とは… なにがなんでも生徒のことを誰よりも考え行動すること。 それにより出た結果に責任を持つこと。 です。 余談ですが… 否定するしないはどうでもいい事だと思います。 そこは重要ではないでしょう。 否定したとしても、それが生徒のことを誰よりも考えて出した答えなら、良いんじゃないでしょうか。 生徒のためになる否定なら全然問題ない話ですよね。 無責任に肯定して、人生狂わすこともあるはずです。 なので肯定すれば良いって話でもないですよね。 あと… 考えるの定義ですが、自分1人の頭という縛りは必要ないはずです。 前の担任はおそらく、自分1人の頭で考えたのではないでしょうか。なんだか考えに偏りを感じるので。 生徒の事を思うなら、たくさんの人に相談して、たくさんの頭で考えた方が視野が広がって良い答えが導き出せるはずです。

1人がナイス!しています

0

何よりもまず言えることは あなたは目の前の、担当した生徒について全力で指導に取り組むべきだということです。 前の担任の先生にはその先生の指導方があります。 もちろんあなたの意見や味方が正義でないとは言いきれません。 でも、かといって世の中の似たようなケースの全ての生徒に対処できないですよね。 その生徒や保護者、そして前の担任の先生にしかわからない事情があるはずです。 その生徒の話を聞いたのなら、主観を入れず、前の担任の先生の話も聞きましたか? その上で、冷静に判断しているのですか? どうしても譲れない夢なら、たとえ反対されてもその生徒さんは道を貫きますよ。 つまりは、何が正解なのかはわからないんです。 もしかしたらその生徒さんは、前の担任の先生の指導に従ったことで、成功したり幸せになれるのかもしれません。 時に生徒の気持ちに傷をつけたとしても、より最善なアドバイスや指導を与えるのも先生の仕事のうちでは。 もしあなたの主張を正義ととらえるなら、同僚の先生や管理職に同意や共感を得られるよう主張しましたか? そして、誰がどう考えても前の担任がおかしく、その生徒に誤った指導をしたと言いきれますか? 最終的には生徒、保護者の選択に任せる他はないんです。 あなたのもどかしい気持ちは分かりますが、卒業後のことまで、あなたが責任持てますか? それが組織でやるということなのだと思います。 私見と客観的意見や事実を冷静に分けないと、結果的に生徒を傷つけることになりますよ。

0

貴方は教員ですね? それにしては、文章力が無いですね! 先ず、条件および背景を述べて、読み手をすんなり導入してから本文に移行しましょう。 ・起承転結を知っているでしょ? ・文字の塊は誰も読む気がしません。 ・適度に改行して読みやすくしましょう。 今後、学習して下さい。 さて、ご質問の件ですが、何事にも感情移入してはいけません。 静観しましょう。 目的を達成出来なかった場合、生徒だけでなくご自分も落胆します。 どんな業界の人にも言えることですが、己の業界の事を知り尽くしているので、詰まらない、ここのどこが良いんだ、こんな会社には誰も来ない方が良い・・・・と、思うのです。 ところが、別な視点から見る人にはとても良い業界に見えます。 それが『夢』です。 生徒の進路は、『夢の塊』です。 夢をもって進学し、夢をもって就職し、現実を知り、それが自分に合う人は伸びて残ります。 合わない人は挫折し、転職するでしょう。 主観でそれが悪いと言った前担任は、若い芽を摘んだ馬鹿野郎です。 何事も、やらないと後悔します。 やって後悔しても、己の責任です。 本人にとって、どちらが良いかですよ。 それを説いて聞かせるのが貴方達の仕事です。 責任重大なんですよ! まだ新米なので・・・・と、甘えたことを言っている暇が有ったら、寝る間を惜しんで考えましょう。 教員は、物理的に閉鎖された環境の中に居て、生徒からは『先生、先生・・・』と呼ばれ、教員相互でも『~先生』と呼び合う異常な世界に居ます。 毎日己の自尊心を高めているも同然です。 前担任の様に、己の意見が最良だと思い込み、自惚れる危険があるのです。 貴方も、いつの間にかそうならないとも限りません。 感情移入せず、冷静に、親権に聞いてあげて、第三者的な視点で将来を見据えて、適切な助言をしてあげましょう。 頑張って、良い教員になってね。。。。(^.^)