エアコンの渡り配線について質問です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

施工をされているご経験から、配線の使い方、1.6と2.0の混在でも問題ないとの回答をいただけたので、ベスト回答とさせていただきました。

お礼日時:10/22 19:44

その他の回答(6件)

0

エアコン容量2.2K、15Aなら屋内壁面にコンセントが付いているのが普通です。 おそらくケーブルはVVF2.0-2C+VVF1.6-2Cと理解しましたが、この配線は屋内機位置から屋外機設置場所への送り配線という事でしょうか? 通常は屋内機から屋外機への配線は冷媒配管に配線を共巻きで接続します。 前記エアコン容量ならばAC100Vと判断されますので100VにVVF2.0-2Cを使用し信号線にVVF1.6-2Cを使用すればいいと思います。 取敢えずケーブル許容電流をお知らせしときます。 VVF2.0-2C=許容電流24A(ころがし配線時)※クーラー電流15AなのでOKです。 VVF1.6-2C=許容電流18A(ころがし配線時)

ありがとうございます。 はい、VVF2.0-2C+VVF1.6-2Cは屋内機位置から屋外機設置場所への送り配線ということでございます。お察しの通り、室内壁面に専用コンセントがあり、エアコン電源は単相AC100Vです。VVF2.0-2C+VVF1.6-2C混在での使い方でも問題ないこと、理解しました。ありがとうございました。

0

1.6mmの容量が分かっていれば知恵袋で確認する必要はありませんよ。 判断基準はメーカーしていがあるか無いかの問題だけです。

この返信は削除されました

0

まず最初になぜ太さの違う配線の組み合わせはダメなのか・・・ 法律上、技術上の問題ならどこかで解説してある筈です、でもこれが詳しく解説しているサイトは有るのかな・・・ 現実には組み合わせても全く問題は無いし、過去にも使用例は有りますが問題は無かったです。 元々三心配線がほとんどで異径配線の組み合わせは珍しいですが・・・ 仕事で長年手掛けてますが、問題が起きたのは聞いたことが有りません。

0

問題ないでしょう。 ただ、エアコンアースは室外機か室内機どちらかで取りましょう。 1.6mmの白をアース使用する、室内機と室外機それぞれから取ると回答しているカテマスさんがいますが、これは間違いです。 エアコンは冷媒配管で室内機室外機が一体化してあるので必ず1本をどちらかから取るように施工説明に記載があります。 理由としては違う家電が漏電した際に2系統アースがあるエアコンを通過しやすくなる。又、電位差による事故を無くす為とお考え下さい。 現場経験者で室内機と室外機から取る人は滅多にいないでしょう。エアコン設置において最初に教えられる基本的な内容となります。