『口承文学』。これを使って例文を作成して下さいませ。

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2021/10/17 15:08

口承文学とは、文字によらず、口頭のみで後世に伝えられる形態の口承文学である。 文字を持たない民族に伝わった物語、あるいは、宗教的呪術的な理由などにより、文字(書物等)として伝えられなかった物語などである。 口承文芸などともいう。

ID非公開

2021/10/19 11:17

民俗学研究においては、便宜上、柳田國男の提唱により伝承文芸の収集例のうち昔話でないものを「伝説」とする定義がされた。この分野の黎明期には、昔話系も伝説系も、同様に、「民話」ないし「民譚」として扱われていたが、各地の口承文学の採集作業が進むにつれ、その区別や定義が鮮明になってきた。柳田らは、「民話」という外来訳語を排して、純国産の「昔話」という用語のみを使うことを期したのである。