ID非公開

2021/10/17 18:11

55回答

至急お願いします

日本史55閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

主従関係が段階的に連続する制度。 天皇→公家・将軍→藩主→藩士→家主→一族郎党と全てが順次主従関係で繋がった制度。

0

封建制度とは、①古代中国型と②日本型、そして西欧の③フューダリズム。 ②と③は“契約(Give&テイク)”という部分でよく似ているのですが、ココでは②日本型の説明だけでOKですよね。 また、Ⓐ“硬い”定義的なモノか、またはⒷ鎌倉時代のコトについて、とか分かりませんので、ご覧になられて選択できるように、また、メチャ切り詰めて書いてみます。 封建制とは、“土地”を媒介に(間に挟んで)、“主君と従者(家臣or御家人)”とが、㋐“恩恵の賦与(御恩)と㋑奉仕(奉公)”の関係で結びつくコトで、社会を成り立たせたシステム。 なお㋐“恩恵の賦与”とは、鎌倉時代では“本領安堵”と“新恩給与(恩賞)”。 また㋑“奉仕”とは、平時では“大番役”を務め、戦時には将軍(鎌倉殿)の下で戦いに従軍すること。

0

領主が家来たちに領地を分け与えて統治させ、家来たちは代わりに領主に貢納や軍事奉仕したりする制度のことです。武家社会は典型的な封建制です。

0

封建制度を一言で言うと「封土を介した、主従関係による支配体制のこと」です。 因みに封土は家臣の働きに対して、主君が与える土地のことです。 封土はただの土地ではなく、そこに住む人々も含めたものであり、封土を与えられた家臣はそこに住む人々も所有することになります。 そのため、家臣は領主となり、そこに住む人々から税収を得ることができますが、代わりに主君に対して労役や従軍をするという義務を負います。