ID非公開

2021/10/17 19:35

77回答

五木ひろしが今年の紅白に

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

3

紅白は立候補して選ばれるものではない。 落選と言う概念もない。 選ばれなかったら、それだけのこと。 北島三郎や森進一など、最後の出演の時に「これを最後にします」と卒業宣言している。 ある意味五木ひろしはそういう時期を逸した。 紅白をつかさどるNHKスタッフもお爺世代のスタッフはあまりおらず、若返りの傾向がある。 こんな声もある。 「五木さんの出番がくると数字(視聴率)がガクンと落ちるんです。NHKの制作陣も女性アイドルやらジャニーズに後ろに出てもらい、なんとかフォローしようとしていましたけど、効果があったのかどうか」こう言われちゃうと真相はどうあれ自ら退くという建前で辞退するしかないね。 数年前、和田アキ子が紅白に選ばれなかった時、恨み節を語っていたが「絶対今度も出てもらいます」ってことあるはずがない。 演歌を若者が聞かなくなり、大御所演歌歌手がいる事務所は演歌歌手が出る唯一のひのき舞台に出演できるように強引な圧力もあったと聞くが、益々演歌枠は狭くなるのでいい潮時だったのでしょう。

3人がナイス!しています

2

今月初めまで読売新聞に掲載されていた時代の証言者で辞退はあり得ないと言っていたので落選です。

2人がナイス!しています

2

すでに森進一さんの48回は越えたし、 去年で北島三郎さんの50回に並んだし、 さすがに51回は、、と憚ったんでしょう。 退き際は肝心。落選という表現は不適当ですね。

2人がナイス!しています

3

落ちたの表現は失礼かと思いますよ。紅白は勇退ではないでしょうか。後身に道を譲られたのですよ。オリンピックのランナーもCorona渦中につき辞退されてます。 他局の歌番組ではご活躍されてますから歌声は聞けますから大丈夫ですね。

3人がナイス!しています