3.5馬力トーハツ4ストキャブについて質問です。 オーバーフローが治りません。

補足

船外機本体はマーキュリーです

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

直りました

お礼日時:10/21 11:42

その他の回答(2件)

0

トーハツの部品図を見て思った事です(違っていたらごめんなさい)。 もしラバーキャップがフロートバルブ保護のストッパーの仕組み(バルブが閉じた際の過渡の浮力の防止)ならば、奥までラバーキャップが押し込まれているかご確認ください。微妙な位置かも知れません。

画像
0

参考にしかならないと思いますが、同一形式なのに4ストバイクに2スト用キャブをつけた時の症状に似ていると思います。ベンチュリー径が同一なのにどうしてもオーバーフロー傾向が収まらなくなることがあります。 これは、単位時間当たりの燃料消費量が2ストの方が多く、尚且つ毎回爆発の2ストの方が振動が少ない事からフロートニードルの穴が4スト用より大きいためフロートが押し上げてガソリンを止める圧力(閉め切り圧とでも言いましょうか?)が高いのです。 これに対し4スト用はこの穴が小さく、2回転に一回の爆発間隔で燃料消費が少なく尚且つ振動が大きいので締め切り圧力を小さくしてきっちりガソリンを止める様になっています。 穴の差はコンマいくつの差でしかないので見た目ではわからず、複数サイズのマイクロドリルのお尻を差し込んで寸法を測って初めて分かるくらいです。 もしフロートバルブのニードルしか交換していないとすればバルブ本体の穴が摩耗で広がったか荒れているなどしているのではないでしょうか?