住宅購入時、頭金を入れた上で諸費用はローンに含めることは問題ないでしょうか?

住宅ローン | 税金163閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 例の数字も挙げてくださって大変わかりやすいです。 ①について、ローン残高(3800円)と住宅価格(3500万円)の低い方を基準に住宅ローン控除が算出され、 ローン残高が3500万円以上ある間は3500万円を超えた分の控除は無いと認識しております。 ローン残高3500万以上の間の諸費用分の金利と、 その後(諸費用を借りなかった場合と比較して)300万円が乗ったローン残高で控除を受けられる金額、 後者が大きければローンに諸費用を含めて借りた方が得という認識で正しいでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま詳しくご回答いただきありがとうございました。 認識を確認、整理でき、勉強にもなりました。 最後はやはり銀行や税務署等に確認するしかないですね。

お礼日時:10/27 23:48

その他の回答(2件)

0

金利が上がるなどのデメリットはあると思いますが、諸費用をローンに含めることは可能だと思います。 ただ、 ---- 住宅の残りの価格プラス諸費用をローンにしようとしています。(住宅ローン減税額を増やすため) ---- 諸費用をローンに入れても住宅取得対価が増えるわけでは無いので、住宅ローン減税は増えないと思いますよ。 ローンの構成が 住宅取得対価a+諸費用bの構成である限り、 返済していくと、aもbも両方とも減っていくと思います。 でも、先にbを返済して、bの分の返済がなくなってからaの返済になる という風にできる金融機関があるなら別かもですが。 普通に考えると(a+b)という複合で金利も決めていると思うので、分けるというのは難しいのではないかと思います。

この返信は削除されました

0

税制上の問題ではなくて、借りる住宅ローンの制度によって変わります 本来は、住宅ローンは、住宅(土地建物一式)にかかる費用に対してローンを組みます だから、頭金を入れた後の残高までしか借りることができません ですが、最近は、いろいろな商品が増えてきていて、諸費用込みでローンを組めるものもあります 質問者さんが借りるタイプによって変わってくるので、借りる予定の金融機関に問い合わせてみないとできるかどうかはわかりません 住宅ローン控除では、住宅の取得価格よりも低ければ問題ありません(高い場合は、住宅取得価格で申請したらOK)

ご回答ありがとうございます。 頭金が用意できているのに諸費用を借りることに問題は無いとのこと、 安心いたしました。 後は銀行のプラン次第ということですね。