回答(6件)

0

ブランドン・リーが亡くなった事故のときは、銃を撃った俳優はトラウマで一時期俳優業を休みました。 その後もトラウマを乗り越えることはできなかったようですが、2016年にガンで亡くなるまで映画やドラマで活躍しています。 このような事故は俳優にはいっさい責任はありませんが、人を殺めてしまったことに対しては一生後悔と自責を抱えると思います。 カウンセリングを受け、仕事も続けるのではないかと思いますよ。

0

銃で人を射殺したら逮捕されるでしょうね。 ↓ 小道具の銃、スタッフは「実弾なし」と告げていた 米映画撮影現場 10/24(日) 11:12配信 CNN.co.jp 俳優アレック・ボールドウィンさんは渡された銃器について、弾は入っていないと告げられていたことがわかった (CNN) 米俳優アレック・ボールドウィンさんが映画「Rust」の撮影現場で小道具の銃を発射し、2人が死傷した事件で、ボールドウィンさんに銃を渡した助監督は「(実弾が入っていない)コールド・ガン」だと宣言していたことが分かった。 現地の郡保安官事務所が撮影現場の捜索令状を取得した際の宣誓供述書を、CNN提携局が入手した。 供述書によると、銃器担当のスタッフがカートに用意した3丁の銃のうち1丁を、助監督がボールドウィンさんに渡した。助監督はこの銃が実弾入りだとは知らなかったという。 発射された銃弾は撮影監督のハリーナ・ハッチンズさん(42)の胸部に命中。ハッチンズさんは搬送先の病院で死亡が確認された。近くにいた監督のジョエル・ソウザさん(48)も負傷した。 米紙ロサンゼルス・タイムズなどによると、同作品の撮影では最近、銃の扱いや新型コロナウイルス感染をめぐる安全対策への懸念から、スタッフが相次いで現場を抜けていた。 同紙は複数のスタッフらの話として、事件の前にも2回、誤射騒ぎがあったと伝えている。今月16日にはボールドウィンさんのスタントマン(代役)が「コールド」と言われた銃を撃ったところ、実弾が発射されるミスが発生していたという。 制作会社は声明で、撮影を中止して内部調査を進めると述べた。 銃器担当の女性スタッフは最近、ニコラス・ケイジ主演の西部劇映画で初めて銃器の責任者を務めたばかり。先月のインタビューで「まだ自信がなく、最初は断ろうとも思った」と話していた。 本人はこのインタビューで、もともと女優志望だったが銃職人の父から銃器担当スタッフの仕事を受け継ぎ、自然にこつを習得したとも語っていた。 https://news.yahoo.co.jp/articles/e21311b925299bc914a88a848d2470b36a90d0d1 米映画撮影で誤射、5日前にも 「非常に危険」とスタッフ懸念 10/23(土) 19:01配信 共同通信 撮影監督のハリナ・ハッチンスさん(SWEN STUDIOS提供、ロイター=共同) 【ロサンゼルス共同】米西部ニューメキシコ州で映画撮影中に俳優アレック・ボールドウィンさん(63)が小道具の銃を撃ち2人を死傷させた21日の事故で、撮影現場では5日前にも銃の誤射が起き、スタッフが安全性への強い懸念を示していたことが分かった。 米紙ロサンゼルス・タイムズが22日、目撃者の話として伝えた。地元当局は関係者を事情聴取し、詳しい状況を捜査している。 同紙によると、現場では16日にもスタントマンが使用した小道具の銃から弾のようなものが2発発射された。スタントマンは事前に弾薬は入っていないと伝えられていた。スタッフが「非常に危険」と責任者側に報告した。 https://news.yahoo.co.jp/articles/595710c8be7bdb977724ead840720b3f62d10102 米で映画撮影中に2人死傷した事故 小道具の銃を渡したのは助監督と判明 10/23(土) 17:30配信 ABEMA TIMES アメリカの俳優アレック・ボールドウィンさん(63)が映画の撮影中に誤って実弾を発射し2人が死傷した事故で、小道具の銃を渡したのは助監督だったことが分かった。 【映像】撮影現場の様子 現地メディアなどによると、21日の事故の直前、小道具の責任者が撮影用に銃を丁用意し、助監督の男性はその中から1つを選んでボールドウィンさん(63)に手渡した。 この男性は銃に実弾が入っていることを知らず、「安全な銃だ」と説明していたという。当時は西部劇のカメラリハーサル中でボールドウィンさんがホルスターから銃を抜く練習をしていた時に誤射が起きた。 銃弾はカメラのアングルを確認していた撮影監督の女性(42)の肩の辺りを貫通し、後ろでモニターをチェックしていた男性監督(48)にも当たったという。撮影を急いでいたという証言もあり、警察は安全管理の状況を調べている。(ANNニュース) https://news.yahoo.co.jp/articles/773c2bd60a869fe83bdc046b9334f913be22327c アレック・ボールドウィン銃誤射事故は実弾入り44口径マグナムリボルバー 10/23(土) 12:47配信 日刊スポーツ 米ニューメキシコ州サンタフェ郊外で新作映画「Rust」を撮影中に俳優アレック・ボールドウィン(63)が小道具の銃を誤射し、2人が死傷した事故で、使用されたのは実弾入りの44口径マグナムリボルバーだったと米ワシントン・ポスト紙が報じた。 何発撃ったのかは明らかになっていない。芸能情報サイトTMZも銃には実弾が入っていたと伝えており、現場で銃をボールドウィンに手渡したのは助監督だったと報じた。 しかし、助監督は実弾入りだとは知らずに手渡したと警察に証言しており、ボールドウィン自身も「なぜ実弾入りだったのか、今までそんなことは一度もない」と事故後動揺する様子が目撃されていたことから実弾が入っていたことは知らなかったとみられる。 安全上の規定から映画の撮影で実弾を使用することは禁じられており、通常は弾頭がない空砲を使用するため、なぜ実弾入りの銃が使われたのか、また誰が装填したのかなど謎は深まっている。ボールドウィンは声明で、「悲劇的な事故」と述べていた。 一方で、ABCテレビは事件の前夜に銃に関する安全面への懸念から撮影スタッフの大半が辞職していたと報じた。 あるスタッフは、同局の取材に過去にも銃の誤射が1日に2度、10分以内に起きていたと証言。銃を暴発させたのは誰かについては、名前を公にすることに不安を感じるとして明かすことはなかったが、そのことが原因でスタッフの間で不安が広がっていたとみられる。 その後も安全対策が取られなかったことから大量辞職につながり、ひいては死傷事故につながってしまった可能性もありそうだ。 (ロサンゼルス=千歳香奈子) https://news.yahoo.co.jp/articles/7031f5f257d5d9680678fe3bda54a1a0b7bf7da9

0

アレックに過失はないですし、逆に被害者ですからね。 発砲によるPTSDと俳優としてのイメージの損害請求で今頃は弁護士からの営業電話の嵐ではないでしょうか。

2

実弾は入っていないは常識だからね。 過去の事故で、実弾は使用禁止だから。 これ、実弾を確認しなかった責任を問うかどうか。 ここ一点だろうけど。 そもそも、使用禁止だから入っていないと考えるのが普通。 その前にきな臭いね。 同じ映画で銃で事故が起きてるみたいだからね。 その時はけが人出なかったけど、責任を取って 担当者解雇らしかったから。 現場に実弾、を持ち込んでる時点で計画性があるよね。

2人がナイス!しています

0

下記は昨日の海外記事(自動翻訳) 最後の2行。 俳優のアレック・ボールドウィンがセットで発砲し、 女性を殺した銃は、安全だと言った監督から彼に手渡された、 と裁判所の記録が示している。 助監督のデイブ・ホールズは、小道具に実弾が含まれていることを 知らず、「コールドガン!」と叫んで荷降ろしされたことを示したと 記録は述べています。 撮影監督のハリーナ・ハッチンズは、木曜日の映画「ラスト」の セットでの事件で、胸に致命的な銃撃を受けました。 彼女の後ろに立っていたジョエル・ソウザ監督が負傷した。 48歳の女性は肩の怪我のために緊急治療を受け、後に病院から 解放されました。 警察の捜査の詳細は、ニューメキシコ州サンタフェの裁判所に 捜索令状が提出された金曜日に発表されました。 ボールドウィンの血に染まった服は銃と一緒に証拠として 取られたと述べた。 弾薬やその他の小道具の武器も警察によってセットから 取り出されました。 63歳の俳優は法執行機関から尋問を受けましたが、この事件で 誰も起訴されていません。