ID非公開

2021/10/25 20:30

33回答

メールを送るときに、ファイルとパスワードを別にして送る意味はあるんでしょうか?

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/26 19:52

回答ありがとうございます なるほど、デメリットだらけなんですね。 定期的なパスワード変更必要だと思ってました!! 5年前から使用しているパスワードとかたまに不安になって変更してしまいますね、あれ無駄だったんですか。 >ファイル受信用のURLを送り… ファイル受信用のURLって例えばどのようなものですか? しかし、無意味だとしても それがマナーのように扱われているので 逆にマナー違反のように扱われてしまうのがちょっと嫌ですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な回答、返信ありがとうございます! 知らないことも多く大変面白かったです

お礼日時:10/27 23:50

その他の回答(2件)

0

添付ファイルとパスワードが同じメールに同居していれば、それこそパスワードをかけた意味がありません。別々に送れば、盗む側も手間が増えます。添付ファイルにパスワードをかけるのは、関係ない人に見られたくないものであって、例えば、他人の個人情報が記載してある場合や、成績表などは、関係ない第3者にも開けますから、最悪訴訟問題にもなりかねません。 「皆さんはファイルにパスワードをかけますか?」は、そういうファイルをパスワードもかけずに送るというのに違和感を持つ人には常識がないと思われるでしょう。自己防衛の意味でも、プライバシーにかかわるものにはパスワード付きで送るのがいいです。

ID非公開

質問者2021/10/26 1:08

>別々に送れば盗む側の手間が増えます。 メールを盗む手段として主に2つの方法があります。 1 メールアカウント(とそれに付随するアカウントパスワード)を不正に取得する。または、PCに不正侵入する。 この場合、ファイルとパスワードを別々に送っても意味がありません。 2 端末とメールサーバー間など通信経路のどこかで不正に傍受する この場合も、既に不正傍受が成り立っている経路と同じ方法(メール)でパスワードを送っても意味がありません。 安全性を確立させたいならば、メールとは異なる経路(チャットや電話など)でパスワードを送る必要があります。 以上のことから添付ファイルにパスワードをつけるよりも、「メールアカウントの定期的なパスワード変更」、「送信者、受信者双方の経路の暗号化」、「セキュリティ対策の強化」の方がよっぽど効果的だと考えます。