着物が好きで着る機会を増やしたくて公民館でやっている市民講座で茶道を習っています。 先月から先生が高齢のため和服を着るのが大変になってきたので洋装で失礼します、と何度も言います。

茶道277閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の方もおっしゃっているように私の気にしすぎですね。 言われてみれば洋装の生徒さんに「そんなに大股で歩かないのよ。洋装だと足元が自由だからそうなりがとちなのよね。」、「着物のたもとがあるつもりでお道具を取るのよ。」と着物を着ている想定で指導されています。 お稽古に着ていく着物を選ぶのも楽しいし、茶道の勉強にもなるのでこれからも着物でお稽古に行こうと思います。 皆さんありがとうございました。

お礼日時:10/27 18:31

その他の回答(2件)

1

お師匠さんの意図までは分かりませんが 洋装で来て欲しいと思うのは考えすぎかも。 もしかしたら無理して和服を着ていると思われている 可能性もあり、この場合は洋装でも良いですよ、の意味になります。 茶道の基本は和服です。 しかし、和服に拘ると来る人が居なくなるでしょう。 従ってどこでも気軽に参加できる洋服OKになっていますが 和服が好きで面倒でなければ今まで通りで良いかと思います。

1人がナイス!しています

1

>私に洋装で来てほしいのか と考えられるのでしたら、他の方達と同じように洋装で参加されるのが簡単な選択なのかもしれません。 また、ご自分の気持ちを素直に、機会があれば着たいという気持ちから、和装でお稽古に出席させて頂いているが、引き続き和装で参加しても構わないかどうかを相談されるのもひとつの選択かと思います。 洋装と和装では細かい所作で異なる部分はありませんか? 袱紗や扇子や懐紙の扱いが和装と洋装で同じにしたくても出来ないことはありませんか? 洋装の人は帯に見立てたベルトをして参加しているとかはありませんか? 洋装の場合、ストッキングだけでなく、白い靴下を履くとかはありませんか? それらは、ポケットでは用が足りずベルトですし、ルームソックスでは用が足りないから白い靴下なのだと思います。 和装ならば所作を見ていただければ伝わるのに、洋装での指導ですと、和装の時はどうするのだろう?と、お稽古が進んでいるのに受講中に考える人がいたり、その場で講師が言葉で付け加える必要があり、少しの時間でもそのために割くことになるでしょう。そういう不都合が起きることに申し訳なく感じていらっしゃるのかもしれません。 茶道を学ばれている質問者さんなら、ご存じのように、茶道の精神は他人に何かを強要するものではなく、常に相手の立場になって考え行動するものです。そのことから考えると、練習の場の質問者さんの服装を自分の思いどおりにしようと考えているとは思い難いです。 1度、素直にお尋ねになられたらどうでしょう。

1人がナイス!しています