質問です。現在賃貸物件(一戸建ての貸家)を所有しており、先月まで住んでいた方が退去し、現在退居修繕中です。

賃貸物件 | 法律相談261閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても勉強になりました。 次に活かすという事でベストに決めさせて頂きます。 回答ありがとうございました!

お礼日時:10/27 12:57

その他の回答(7件)

2

トイレの便座なら今後も使えるし難しいですね。 法的請求は出来ますが民事訴訟を起こすということですよ。 弁護士まで頼んだらかなりの費用と時間がかかるし敗訴の可能性もあり勝訴しても数万円認められるくらいかも。

2人がナイス!しています

1

法的には「損害賠償」の請求が可能です。 契約前でも法的には信義誠実の原則に従い行動する必要があります、それに反した行動においては、当然に損害賠償が生じます。

1人がナイス!しています

1

判断の難しい問題ですが、その条件を飲む際「万一、キャンセルなどになった場合、その便座は買取ってくださいね」と約束を取っていれば・・・が条件でしょうね。 便座の状態が経年で劣化していたものであれば、次の募集にもそのまま活かせることができ、基本は所有者の資産となるものですので請求をするにしても、商品を引き渡し、代金をもらえるかどうか・・・の内容かと思います。 またその便座交換の希望に対し、状況を確認し、「流石にこれは交換しないとな」と判断したのかとも思いますので、そういう観点からも賃貸するにあたり、不適当な状態であったと認めたということになろうかと思います。 あと1ヵ月程度の部屋止め期間についてですが、賃貸の募集においては良くある話ではありますが、貸主側が「止めている期間が長いから○日までに白黒つけてください。○日以降はキャンセル扱いにします」と期限を切るのも必要かと思います。 一方的に部屋止めをしているように思えますが、貸主側から断る権利もありますので、その期間に対しての損害賠償請求?は成立しないと思います。 ご参考まで

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 買取の約束までは取り付けておりませんでした、、、 今回交換の経緯としては、退去立会の際は便座交換まで修繕内容には無かったのですが、入居希望者が気になるという理由からの交換でした。 入居差し止めについては、色々と反省点があります。管理会社とも相談して改善していきます。

0

こういう時に場合に「手付金」を払って貰うのです。 家賃一ケ月分ぐらい。 で無事入居が完了すれば、その手付金を家賃に充当すればいいですし、借主都合で今回の様になれば没収すればよかったです。 請求する事は可能ですが、この様な非常識な輩が応じる事はまずないでしょう。

0

申し込みして、一旦キープするだけしてキャンセルなんてよくあることです。 トイレ便座は次に使えるので賃貸しているのなら、汚かったのでしょうから、変えといたほうがいいです。 一ヶ月ストップさせないように契約はしてから交換すればいいんですよ。 賠償してもらうことは不可能です。 申し込みをしてから長くても10日以内には契約してもらうよう管理会社にいっておいたほうがいいですよ。借主の都合で1ヶ月以上先になら入れるんですけど、っていう場合は他のキープ物件もあるのでキャンセルすることがよくあります。

回答ありがとうございます。 直前のキャンセルだったので、拍子抜けしてしまいました、、、 便座については、入居予定者の都合(他の人が使用していたのが気になるという理由から)での交換だったので、まだ納得できていない部分も大きいです、、、 ただ、こういうこともあるという事で、次回からは契約後の変更を徹底していきたいと思います。 また、申込後の契約についても管理会社とも相談して早期に対応してもらうようお願いしてみます。 ありがとうございました。