次男が24歳、3番目の子どもの長女が20歳になりました。産まれたときから、義母が郵便局の保険に入っていて、『保険かけてあげるから』と、かけてくれていたのですが満期がきました。お金なんぼあげようか?

生命保険72閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

早速のご回答ありがとうございます。わたしも孫へ保険をかけているのですが、小学校、中学校、高校入学祝い金、また、18歳になると満額の金額がおりますが、全部あげようと思ってました。もちろん、学校、または結婚等でお金が必要になると思いかけていたものだから。なかなか皆さん厳しいお応えだったので考えさせられました。

お礼日時:10/26 22:40

その他の回答(2件)

1

このようなケースの場合、満額孫へあげるのが普通ではないのでしょうか? →そんな「普通」はない 満期保険金は満期保険金受取人のものだ 義母が満期保険金受取人なら それは義母が自由にできるカネだ どうしようが義母の好きにすればいいものだ 義母がカネを増やしたいと考え 当時利率の高い養老保険にした 被保険者を自分にするより 孫にした方が 同じ保険料の支払いで 満期保険金がより多くなる →死亡するリスクが低くなるため そこで、孫を被保険者にした養老保険にする よくある話だ 孫にあげるのであれば 契約者=孫 被保険者=孫 満期保険金=孫 保険料を祖父母が孫へ贈与 これが一番税負担が少ないため 普通はこのようにする

1人がナイス!しています

2

そもそも孫へあげる必要はありません。本人の意思次第でしょう

2人がナイス!しています