花柄はお好き? 最近しばしば再放送されている某ドラマ。 人嫌いで毒舌家の男性主人公が、世の中に溢れかえっている花柄にウンザリするシーンがあり、同じく花柄嫌いの者として内心とても感動しました。

補足

偏屈な主人公を演じていたのは阿部寛さん。喫茶店にいるシーンだったか花柄の壁紙でギョッ、花柄の紙ナプキンでイラッ、外に出れば街中のあれこれ花柄満載で怒っておりました(笑)

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

おっしゃるように、少し抽象化されたデザインですとまだ救われます。ロココ調やアールデコ。でも1ヶ月で飽きてしまい、結局押入れ行きです。 ありがとうございました。

その他の回答(3件)

1

昔は避けていたが、 今は好きでも嫌いでもない。 大柄な花柄も着ることもある。 小花は似合わないから着ないけど。 でもどちらかと言うと無地や幾何学模様が好き

1人がナイス!しています

おっしゃるように、夏場に大きな花柄ワンピースなど、さえざえとして優雅で素敵ではありますね。でも、やはり無理です。 そのドラマの脚本家は男性でしたが、 男性に限らず花柄嫌いの女性も密かに存在しますよね。 ありがとうございました。

1

リバティが好きなので、小花柄が多いですね。 子供の頃に母親が「女らしい」とか「女の子らしい」が大嫌いで、、、どうも自分のコンプレックスを私に投影していたらしいです、、、チェック柄や無地ばかり着せられていた反動かもしれません。

1人がナイス!しています

リバティ、こうのさなえさんなどの布。 見るとステキだ~と思うのですが、それで何かを作り部屋に置くのは無理なんです。 お母様の好みの影響のお話、よくわかります。 私が子どもだった頃には小さな子に花柄を着せる親御さんは少なかったです。それは安全性という見地ででもありました。 ありがとうございました。

2

小物はともかく自分で作った着るものは小花柄が多いです。 チェックやボーダーは柄合わせが面倒なのと必要最小限しか購入しないため余裕がないからです。

2人がナイス!しています

手作りで小花柄のお洋服をお召しになるのですか! 何かとても勇気を感じてしまいますが、きっと貴女様にはお似合いなのでしょうね。 25年ぐらい前に一度だけ小花柄の簡単ワンピースを作ったものの似合わずでガッカリした覚えがあります。 私は花になれません ありがとうございました。