年間休日120日(計画的有給消化分15日) とはどういうことでしょうか 有給が10日しかない人は全て使われるということでしょうか よろしくお願い致します

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすく解説していただきありがとうございました!

お礼日時:10/28 17:14

その他の回答(3件)

0

年間休日120日(計画的有給消化分15日) これだけ見れば、普通のお休み(公休と称する)のは105日、後は計画付与で有休消化15日ですね ただ、これですと、お書きになったように有休が付与者が10日であった場合はこれは活用できないですね ※計画付与の原則ですが 労働者が付与日において、有休を10日以上保持してますと【本人が自由に使える有休日を5日以上残せば】労使協定で企業が有給日を指定はできます ということで、あなたが10日しか付与されない(そのうえ、それ以外は有休は残ってない)のであれば、これは計画付与は最大5日間となります この場合は会社がどうするかですね ここまではどうしなさいという定めはしてないですからね 5日間しか指定しないのか?または15日間として足らない10日は特別休暇(有給=給与が付く)にするのか?は企業判断ですね ただ、10日間を欠勤(無給で)お休みはできませんね

0

有休は、労使協定を結べば、会社が決まった日に計画的に取得させることができます(計画年休)が、労働者が自由に使える日を少なくとも5日は残しておく必要があります。 なので、計画年休15日の会社で、労働者が有休を10日だけ持っている場合は ①計画年休5日、自由に使える日が5日 ②計画年休15日(うち10日は会社が任意に追加したもの)、自由に使える日が5日 のどちらかになります。 ただし、ちゃんと制度を理解していない会社だと、10日全部を計画年休に充ててくる可能性もあります。この場合は法律違反となります。

0

有給の計画的付与は労働者が自由に取得する分として5日を残した上で 前年度の繰り越し分を含んで計画的付与を行えます。 なので、有給残数20日を基準にしてるんだと思いますが 毎年15日を計画的付与する事は計算上不可能です。 なので、基本的に年休は105日だと思っておいた方が良いですね。