海外のブックメーカーで賭けをしても問題がない という記述がありますが、これは賭博罪にならないでしょうか? 日本在住である以上賭博罪に該当すると思いますが

海外のブックメーカーで賭けをしても問題がない という記述がありますが、これは賭博罪にならないでしょうか? 日本在住である以上賭博罪に該当すると思いますが 問題がないなら根拠を教えて頂けませんでしょうか?

法律相談5,964閲覧

ベストアンサー

5

初めて参加するにあたって皆さん不安に思われますよね。 私もそうでした。 ではお答えします。 まず確実に分かっているところから書きます。 1 ブックメーカーはれっきとした産業な事 2 ブックメーカーも所在国の許可を受けており、違法性がない事 3 日本国内では国内法により賭博行為は違法な事 4 賭博罪には、国外犯処罰規定がない事 5 日本国内では摘発された例がない事、よって判例もない事 さて、これらの事をふまえた上で・・・ 日本国内で賭博行為をすると完全に違法(犯罪)です。 例えば海外、ラスベガスのカジノで遊んでも問題ありません。 簡単に言いますと、日本国内で賭けてはダメ、海外ならOKという事です。 インターネットを使って日本国内からブックメーカーにアクセスすると、相手のブックメーカーは海外しかし、パソコンを使用している国は日本国内です。 賭博罪には国外犯処罰規定がないので、日本国外での賭博行為を処罰する事は出来ません。 また、刑法学上、賭博罪は必要的共犯ないしは対向犯を立証、つまり賭博の相手方が必要であり、相手方とセットで犯罪になりうるとの認識です。 この場合、ブックメーカーが相手方となります。 相手方は海外なので日本の法律では処罰する事ができません。 賭けの相手方を処罰できないので、当然ですが日本国内から賭けた人だけを処罰する事もできません。 これらの事から現行の法律で摘発される事はありません。 2004年頃から日本の国会でインターネットのギャンブルについてあれこれと問題されていたように記憶しています。 摘発はともかくとして、クレジットカード各社にブックメーカーでカードを使えないように自主規制させるなど行政側もそれなりの対応をしています。 賭博罪として取り締まるのは法律上困難なので現実的には、お金の出入り口を狭めるしか方法がないという事です。 いずれにしても現行の法律で、いきなり摘発は出来ません。 取り締まるとしても、その前になんらかの正式なアナウンスがあります。 長々と書きましたが、以上のようになります。

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いやいや納得いく回答です。 別でブックメーカーのアービトラージをやってる方でどういうので やってるか答えて頂けると有り難いです。

お礼日時:2009/4/18 1:23