ID非公開

2021/11/15 20:57

77回答

全宅住宅ローンの仮審査が通り、本申し込みを昨日しました。

住宅ローン306閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

自己資金を入れずに全額ローンだとその方法になります。 フラットで全額借りると利息が高くなるので、9割だけフラットにして、残りの1割をアプラスなど他のローンで借入ます。アプラスの方は金利が高めですが、全部をフラットにするより最終的には得です。少し余裕ができたら、アプラスの分から繰り上げ返済されるといいですよ。

0

1HQT81A 「組めず」? イマイチですが、一般的に考えるなら、、、 梟さん、hfbさんの回答通りかと。 全宅に限らずフラットを利用する人で、融資率9割以下にする為に、その様な借方をする人は少なくはないかと。

1

フラット35は全額融資可能ですが、借入額が取得額の90%を超えると金利が上がります。10%を別途借入して90%以内に収めた方が、結果的に得だとの判断だったのでしょう。 金融機関では、別途自前のローンを提供するところも有ります。全宅とどちらが得かどうかはそれぞれです。

1人がナイス!しています

0

フラット35は諸費用分は貸してくれません。借りようと思うなら別口です。なので私は10%頭金を用意しましたよ。 この場合、全宅住宅ローンという窓口(仲介者)からフラット(住宅金融支援機構)に申し込んだということですよね。フラットはどこの窓口を使ってもおおよその諸費用分10%は別で借り入れするようになります。

1

フラットとは独立行政法人 住宅金融支援機構の商品で 住宅金融支援機構は 2014年2月に、従来は購入価格または建設費用の90%までしか借りられなかった上限を撤廃しました。 現在は住宅金融支援機構で全額借りることが可能となってます。

1人がナイス!しています