回答受付が終了しました

セラミックファンヒータは電気代のムダ…暖まらない…

エアコン、空調家電2,648閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(2件)

1

はんばいせこうしております、加湿機能付きはありますよ ダイキンうるるとさららRXなら空気中の湿気を室内機から出してます 換気もできるので どうしてもエアコン買えないならコタツですね 上は着れば良いので

1人がナイス!しています

0

セラミックファンヒーターの電気代の高さと、暖房能力の低さを考えると、部屋を暖めるには不向きです。 そのため経済的で暖房能力も高いエアコンを使うほうが合理的になります。 セラミックファンヒーターは、脱衣所やトイレなどで短時間使うことに適した機器です。 入浴前後の合わせて1~2時間の使用に向いています。 約3畳まで対応できますので、使う場所によっては有効な暖房方法になります。 エアコンにも、一部の機種には加湿機能がありますが、一般的な加湿器とは仕組みが違いますので、合理的な加湿ができないことがあります。 また、エアコンの加湿機能は、一般的な加湿器と比べると、数倍の電気代がかかります。 エアコンの暖房を使うと部屋が乾燥しやすいと言われる理由は、エアコンは暖房能力が高いからです。 部屋の乾燥具合は、暖房能力の高さに比例します。(石油系暖房機器は除く) セラミックファンヒーター、オイルヒーター、カーボンヒーターなどは、暖房能力が低いので、部屋はあまり暖まらない代わりに乾燥も少ないということです。 そのため例えば、セラミックファンヒーターやオイルヒーターを4台同時に使って、エアコンと同等の暖房能力にすると、エアコンを使ったときと同じ乾燥になります。 冬はエアコンの暖房を使い、必要に応じて加湿器と併用する方法が、経済的で部屋も暖かくなります。 エアコンにもいろいろな機種があり、暖房能力が低い機種を選ぶと部屋が十分に暖まらない上に電気代も高くなりますので、部屋の環境に適したエアコン選びが大事です。