「ネームペンください」と言ったら「サインペンのことですね」とわざわざ言い直されたんですが、ネームペンと言うと分かりにくいですか?

文房具342閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

質問者さんの表現したことって、例えば持ち運べるポータブルな音楽プレイヤーのことをSONY以外の製品に対してもウォークマンって言う人がいますがそれと一緒なのですよね。 結局どの製品の話なのかがわからない。最近では、文具店であれば比較的需要の高いシヤチハタのハンコとボールペンが一緒になった「ネームペン」って商品があります。店員からするとどっちだ?ってなります。 一方で、サインペンもマイネームもなまえペンもパワフルネームもマッキーもマジックも全て同じグループに属している筆記具で製品名です。一般名称としては、マーカーもしくはフェルトペンです。油性であれば、油性ペンとも言ったりします。その中でも、文字を書くのに特化した細字の製品名が一般名称化し、他社でも使用していたりするのがぺんてるが世に送り出したサインペンと言うフェルトペンでしょうか。その他の俗称としては、名前ペン(なまえペン)なんて表現している企業も最近では多いでしょうか。多分、質問者さんも名前のところをカタカナ英語にしてネームペンなんて言ったのでしょうが、ものを売る側からするとややこしい話なのです。もちろん、質問者さんの様な表現をする人って必ずいますので、店員としても日常的な話ですが、万が一がありますので聞き返しはします。 ちなみに、マイネームはサクラクレパス、なまえペンはPILOT、パワフルネームは三菱鉛筆、マッキーはZEBRA、マジックは寺西化学工業です。世の中では、太字をマジックと呼び、名前を書き込むマジックのことをサインペンと呼び分ける人も大事は事実です。ちなみに、名前ペンやなまえペンという表現も、先に上げた企業ではPILOTや三菱鉛筆、寺西化学工業も使っています。ZEBRAは、おなまえマッキーという製品名で名前書き用で販売している製品があったりします。一方、フェルトペンに関してネームペンとの呼び方は、日本国内で製造会社が使っている事例は無いかなぁ・・・。 今では派生系な呼び方がいろいろあり、聞かれる側としては迷惑極まりないですね。そういうややこしい物は必ず語弊がないように聞き返します。書い手は、名称よりも使用する用途を言ったほうが良いです。名称を言われても、どこのメーカーの何ていう製品というピンポイントな話でない限り、聞き返さざるを得ないからです。ですので、ピンポイントな場合も、必ずメーカー名も欲しいところです。 蛇足ながら、ぺんてるのサインペンは、水性染料なので消えない名前を記載する目的では不向きな場合が最近の用途では多くなりました。ユーザーからの不満もあり、そういうニーズに答えるべく顔料を使ったりしたフェルトペンを各社サインペンとは言わずにわかりやすく名前ペンなんて言って売り出しました。この表現は最近の話ですね。こういう耐水性や耐光性の高いフェルトペンは油性顔料になってくるのですが、名称としてはペイントマーカーと呼ばれていたりします。工業向けな製品ではよく見かけますね。家庭向けでも、例えば子供の上履きなどへ名前を書きこみたいとかいう話であれば、なまえペンなんて製品名に入っているフェルトペンを使うと、1学期ごとに上からなぞり直しとかいう煩わしさが少なくなりますのでオススメです。

1人がナイス!しています

6

よくある事じゃん。 本物の”ネームペン”出したら「これじゃなくて」ってサインペンのことだった、てのがとっても多いからさ。 だいたい商品名を正確に知っていない消費者はとっても多いから、確認をしないと手間(=時間)がかかってしょうがない。「時(とき)は金(かね)なり」だし。 シャチハタの「ネームペン」はボールペンだし、サクラの「マイネーム」はサインペンだからねぇ。

6人がナイス!しています

2

私ならマイネームですね。と聞きますけど。 サインペンではないと思います。 しいて言うなら布などに書くペンですか?ですね。 大体、シヤチハタのネームペンなら、 最初からネームペンとは言わないですよ。 ボールペンにシヤチハタが付いている物は有りますか?と お客さんは行って来るのが普通です。

2人がナイス!しています

8

文具店でのハナシですか? 店員さんからすれば ・名前を書くためのネームペン ・シヤチハタのネームペン https://www.shachihata.co.jp/namepen/index.php の、どちらかかを確認するためだったのでは? 「バインダーください」と言われて 「板にクリップのついたモノ(用箋ばさみ)ですか、それとも書類を綴じるファイルですか」とか 「クリアファイルください」と言われて 「一枚を挟むモノ(クリヤーホルダー)ですか、それとも冊子になったモノ(クリヤーファイル)ですか」とか 正式名称にたどり着くまでの会話は 文具店でありがちです。 それ以外でも別の業種でも、 確認のイミで訊き返すことはフツーです。 最初に思い描いているモノが噛み合っていないと、 のちのち手間が増えますから。

8人がナイス!しています