よく就職で好きな仕事は適職ではない。好きなことを求めて就職すると、実際の業務に理想との大きなギャップを感じ、モチベーションが続かないことが多いと聞きます。そこで私の仕事選びがちゃんと矛盾していないかど

補足

後、関係ないのですがエンジニアは平均的に年収が高く安定しているというのは本当ですか?

就職活動 | プログラミング223閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

好きは「すんごい嫌いな事を好きと勘違いする」「好きが嫌いにすぐ変わる」があって当てにならん。 好きでも嫌いでも仕事ができるように「得意かどうか」で選べばいい。得意な事は本人がきづいてなくても好きな事だから。「好きこそものの上手なれ」は「好きな事は何もしなくても上手になる」という意味でなくて、「好きなことは熱心にやるから自然に上手になっていく」という意味だから。 好きといってる割りには得意ではないって物は、すごく怪しいから注意。

1

趣味と仕事は違います。趣味は自分のためにするもの、仕事は他人(顧客や会社)のためにするものだからです。他人のために何かをして、他人を満足させるからこそ、他人からお金がもらえるのであって、自分が満足しても誰もお金をくれません。 趣味は、自分の好きなものを選んで、自分の好きなときに自分の好きなだけできるから楽しいんです。仕事は、自分の好きなものを選べませんし、納期に追われて働くのです。 ゲーム好きとのことですが、好きなゲーム、嫌いなゲームがありませんか? 仕事だと、指示されたもの、依頼されたものを作るわけで、それが自分の好みとギャップがあることが多いのです。「好きな内容じゃないからモチベーションが上がらない」というのはプロ失格です。 また、仕事は競争社会です。好きな人が沢山集まっている中での実力勝負となり、実力のある人は年収上がりますが、実力のない人は仕事の遅さや出来の悪さを怒られ、そのうち「やりたい気持ち」も失せて転職していきます。

1人がナイス!しています

0

先ず、『就職で、好きな仕事は適職ではない』という様に決め付ける話自体が間違いでしょう。 ただ、そういう人もいると考えるべきで、断定的に物事を考えてはいけません。 実際に、私の知人の多くは好きな事を仕事にして尚且つ成功していますよ。 ただ、問題は才能や能力が無いのに好きだというだけでそれを仕事にすると、『好きこそものの上手なれ』とは言っても厳しい場合があるという事です。 特に、ゲームプログラマー等の様な人気のある職業はその最たるものの一つでしょう。 それゆえ、自分の才能や能力を自分自身で客観的によく考えて進路を選ぶ事が重要です。 ✷参考例 一流大学の優秀な情報工学系院卒が沢山いるのに、二~三流大学の文系学部卒の人が「好きだ」というだけでプログラマーになる様なものです。 そして、実際にプログラマーの将来性を信じてプログラマーを選ぶ人が多くいます。 勿論、天才なら成功の可能性は十分にあると思います。 しかし、一流大学の情報工学系の院生は既存の資格などに興味が無く、情報工学系の学会で論文を発表して『ドヤ顔』する事を目指している人も少なくないのですよ。 そんな世界でろくな知識も資格もない普通の人が成功するのは大変な事だと思いませんか。

〔補足について〕 その人の能力次第です。 優秀なITエンジニアは高待遇です。 一流大学の情報工学系院卒レベルの能力を持ち、一流大企業のIT職に就いた人は大体高待遇が得られるでしょう。 しかし、そうでない人は当然ですがそれなりです。 また未経験者でも簡単に採用される様な企業だと、当然ながら高待遇は期待できないでしょう。 日本の社会では大体全ての職業で言える事ですが、優秀な人が高待遇を得て残念な人が低待遇になる事が多いのですよ。

0

全部読んでないですけど、解釈として1つアドバイスをしておきます。 会社が求める人材はできる限り長く働ける人です。 長く働けるかどうかが重要であって、好きだから長く働けない可能性があるというのは雇用者の考えることで被雇用者が考えることではないです。