ID非公開

2021/11/21 11:32

1010回答

なぜ第二次世界大戦で連合国は日本やドイツのような枢軸国に対して一切容赦をしなかったのでしょうか?

日本史 | 世界史218閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みーさんご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/2 8:01

その他の回答(9件)

0

第一次世界大戦の教訓。 第一次で敗れたドイツがヒトラーのもと再武装して、第二次世界大戦になった。 第一次の二の舞にならないように第二次では徹底的にたたいた。 日本のシナリオの一つに、 初戦で勝って適当なところで講和とかもあったようだが、 アメリカはこんな気はまったくなかったでしょう。 日本軍を残したら、いずれ中国侵略を再開するから。

0

当時は日本もドイツも最強クラスの国家でした。さらに、今まで戦争を甘く見ていたアメリカやイギリスが一応作っときました的な兵器に対し、枢軸国の兵器はガチの戦い用に作られた物が多く、例えばドイツの主力戦車であった「ティーガー」は連合軍の戦車をほぼ一撃で吹き飛ばせる上に、日本の戦闘機のゼロ戦も連合軍の戦闘機を墜としまくっていましたし、手加減しようもんなら普通に枢軸国に負けちゃうんですよね…(実際にドイツもヨーロッパ統一一歩手前まで到達しましたし、日本もミッドウェーの敗北が無ければ大和型戦艦等で太平洋で無双できましたからね。)なので自分達がやられない為には本気を出して戦わなければ敗戦して植民地化されるのがオチです。 最終的にアメリカの参戦で物量の多さを生かし、勝利した連合軍でしたが、アメリカが中立を維持するか太平洋で日本軍の相手しかしなかった場合、ノルマンディー上陸作戦も無いわけですからとっくに連合軍が負けてた筈ですよ。

0

近代戦になってからは国家総力戦みたいになってきました。だから戦略爆撃や原爆まで正当化されるようになってしまいましたが、それでも講和の機会というのは常に用意されてたと思いますよ。ポツダム宣言を見てもわかるし、戦後復興にだってあれほど協力してもらっといて文句言うのはどうかと思います。ネトウヨみたいな変な人がWGIPとかいいますけど、実際には早期に戦後復興してあとは高度経済成長で戦後三十年後には安心安全清潔な世界二位(今は三位)の経済大国ですからね。

0

日本では風船爆弾でアメリカ本土に細菌兵器を撒き散らす計画がありましたが、報復を恐れて中止になっています。 アメリカは地下陣地に立てこもる日本兵に毒ガスを使用することを検討してますがこれも批判を恐れて中止になってます。 ある程度のモラルはあったみたいです。 独ソ戦は色々スゴすぎてホントに容赦してない感じがします。ソ連兵捕虜もドイツ兵捕虜も死ぬまで強制労働

0

戦争でなんで手加減が起きるんでしょうか? 殺し合いですよ?自国民の命がかかってます。 手加減するくらいなら総力で早期に戦争を終わらせ、自国民の犠牲をなるべく少なくすると思います。