就職についてです。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

とても詳しく回答してくださりありがとうございます。 勉強になります。 やはり、他の方も回答してくださっているように、「優秀な人材を囲い込みたい」から早期選考を行っているのですね。 そして、早期選考はルール違反ということも初めて知りました。 回答者様が仰ってくださったように私は院進はお金の面で諦めている状態です、。 なので、就職に向けて頑張ろうと思っているところです。 デメリットとして、マッチングミスを犯す可能性があるというのはなるほどと思いました。 選考へ進むかということについては、具体的な数字を出してくださりありがとうございます。私は文系なので、3から5社未満と書いてくださっているのですが、よくなん十社にESを提出したという話を聞いたりするのですが、今回回答者様が提示してくださった数字は早期選考の場合ということであっていますか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まだ何かありましたらぜひ質問させてください! 他の方々も回答ありがとうございました!

お礼日時:2021/11/27 20:24

その他の回答(2件)

1

★企業 メリット: 優秀な学生の囲い込み(内定をもらって他の企業受けなくても良いかなと思わせることができる) デメリット: 内定出しをした後、入社までの期間が長いため、迷う学生に対しては定期的なアプローチやフォローが必要 ★学生側 メリット: 早めに内定もらえる(安心できる)・他社の選考と被らない デメリット: 内定後、就活を継続せずに決めてしまう場合、後から新たに行きたい企業が見つかっても、就活のやり直しをするのが大変で、後悔をする可能性がある 早期選考してもらえるなら、してもらった方が良いと思いますよ。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 メリットとデメリットを簡潔に書いてくださっているので、とても分かりやすかったです。 就職のやり直しをすることが大変だということについて、受かったら就職しちゃおうかななんて思っていたので、もう一度考え直したいと思いました。

1

企業側のメリット・デメリット メリット 優秀な人材にアプローチできる デメリット 早期選考で内定を出しても蹴られるかもしれない 自分としてのメリット・デメリット メリット 練習出来る、早めに行きたい企業の内定を貰えると気持ち的に楽 デメリット 本命企業の早期を受けて落ちると、大体の企業では本選考を受けれない 私は4年ですが、内定を貰ったあと行きたいか行きたくないかで決めていました。 例えば私は全国転勤は嫌で、勤務地は隣県の地方都市が良かったのでこの2点に当てはまらない企業は受けていません。 後は年収や福利厚生も見ていました。 推薦を利用する場合でも受けていいですが、推薦を貰って内定を貰えば原則辞退不可なのでそこは頭に入れて置いて下さい。 インターンや早期選考を受けて、面接慣れしたり自己分析や企業分析すると良いと思います。 22卒で就活していましたが、先輩に聞いていたより早期選考を実施する企業はかなり増えています。面接だけじゃ分からないので、特にインターン経由での早期選考や、リクルーターがついて面談を行って早期選考など就活自体早まっていると思います。そのため、特に大手にはインターンや早期選考枠が多く、本選考の枠が少ない企業もあります。 どんどん早期選考は受けて、面接慣れして第1志望の内定勝ち取ってください。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 企業と自分とのメリットを教えてくださり勉強になります。 本命の企業は特にないので受けてみようかなと思えました。 行きたいか行きたくないか、、なるほど、、、 『福利厚生』は主にどのような点に注目していましたか? 正直、何もわからず、そもそも「福利厚生」という言葉は知っているけれどあまりよく分かっていません、、。 面接慣れや自己分析、企業分析をするために早期選考を受けてみようかなと思いました。