回答受付が終了しました

断捨離で失敗したもの、成功したものって?????よくわからない……

回答(6件)

0

断捨離って執着を無くすことでもあるので、後悔する人は大切なものを見極めるのが難しいか、執着を捨てられていないのだと思います。 人は失ったものに執着しがちです。 今まで当たり前にあったものがなくなると大切に感じる。 使って何年も見ていなかったものを目の前にしていざ捨てるとなると、もったいないように感じる。 思い切って捨ててみると喪失感を感じ後悔する。 取り返しのつかないものだった。 これらは失った喪失感、執着によるものだと思います。 本当に大切なものまで断捨離はしないので、捨てたということはその時必要ないと判断したものです。 捨ててまた買うことになったのなら、必要なものの判断ができていなかったってことに気づけたと考えましょう。 意外となくても大丈夫だったりもしますよ。 ですが後悔するのが怖いなら、また簡単に手に入れられるものか考えるといいと思います。

0

こだわりが強い人は物が多いのかなぁと思います。 これ専用の服、これ専用の○○、と決めないで、使い回しのきくものにかえると物が減ります。 失敗したのは今までポイポイ捨てていたのをフリマサイトで売ってれば小遣い稼ぎになったかなぁ、ということ。 成功したのは過去との決別。 二度と見ない書類は処分しました。

1

断捨離した後にどんな生活がしたいか、それが実現できない中途半端な捨てだと目的が分からなくなって後悔すると思います

1人がナイス!しています

0

「あー捨てなきゃよかったなー」というのは失敗だと思います。 でも、人生には失敗って必要ですよね。 トライアンドエラーで軌道修正していくものだから… その失敗を次に生かせば、長い目で見れば成功なのではないかな… 私の場合は、 断捨離どうしようかなと思ったとき 二度と買い直せないものは対象外にしています。 確実に後悔しないと思わない限りは、お金で解決できないものは手放さないことにしています。 捨ててから後悔したときに、 「私にはこれが必要なんだ」って気づいて買い直すなら、それは長く愛用するから無駄な経験ではなかったと思いますから、 どうしよう…いらないかしら…と迷ったら 100均で買えるものなら手放すようにしました。