回答受付が終了しました

新築の建売住宅で200Vのエアコン用のコンセントが付いています。そこに100V用のエアコンを設置するにはどうしたら良いでしょうか? 変換用のアダプターを用いるのでしょうか? お勧めの製品はありますか?

回答(7件)

1

エアコン設置業者がやってくれます。 分電盤内で結線変更 エアコンのコンセント変更 ケーブルの変更、追加はありません。

1人がナイス!しています

1

電圧を変えるには、分電盤の中のエアコン用ブレーカーの切り替えと、コンセントの交換が必要になり、エアコンの取り付け工事とは別に電気工事費がかかります。 変換アダプターのようなものはありません。 家電店によくある『エアコン標準取り付け工事』には含まれない工事費が発生します。 【 注意 】 200Vコンセントが設置されているということは、その部屋には 200V用のエアコンが必要な証拠です。 そのため 100V用のエアコンを設置すると、冷暖房能力不足になるのはもちろん、過負荷状態になって電気代が高くなる原因です。 過負荷によってエアコンの寿命も短くなります。 そのため、200Vコンセントから 100Vコンセントに変更して、100V用のエアコンを設置することは『百害あって一理なし』です。 いかなる理由があろうと、100V用のエアコンを設置する利点はありません。 200V用のエアコンを設置することをお勧めします。

画像

1人がナイス!しています

0

販売施工しております、200Vから100Vに落として コンセントも200V専用から 100V仕様のコンセントに交換で100Vエアコン使えますが リビングはほぼ大きい部屋ように今は200V仕様です 14畳以上の部屋なら 200V仕様の14畳用エアコンをお勧めします 冷暖房の効き目が違います それに100Vより省エネになります

0

電気工事店にそのコンセントの電圧変換をご依頼下さい。 分電盤でその回路の電圧を200Vから100Vに切り替えて、ご使用場所の200V用コンセントを100V用に交換します。 200Vから100Vへの変換アダプターは有りません。また、その逆も同じです。