車の任意保険に免責があるのは保険会社が潰れない為に存在するのですか?(例えば飲酒運転などには任意保険は使えないから)

自動車保険72閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

>>(例えば飲酒運転などには任意保険は使えないから) 飲酒運転や無免許運転でも事故の被害者へは保険金(賠償金)は支払いますよ。 免責になるのはご自身への保障 (人身傷害保険や車両保険)

0

潰れないようにという免責なら 天災で台風や地震、噴火、津波の免責でしょうね。 範囲も広く被害も大きくなるので再保険も難しいし潰れちゃいます。 飲酒や故意免責は、潰れないためではなく当たり前です。

0

飲酒運転での事故などは、飲酒運転の過失があるので(法的にアウトなので)免責ですね。 それを保険金で支払えるとなると、保険金欲しさに飲酒運転してわざと事故する人が増えてしまうでしょう。 では、少額(0万~10万以下)の免責はなぜかというと、少額の保険請求を減らすためにあります。 ちょっとバンバーを3センチ擦って修理2万+代車1万とか、そういった小さい傷直しや物損での塀直しや車庫直しなどで保険請求をされると、請求代金とその処理費用の人件費や調査費を含む経費が膨大になってしまいます。 経費を削減して、さらに保険料も安く、他保険会社との保険料比較に負けないためにも、免責を作り、最低保険料額を少なくしています。