回答受付が終了しました

アメリカ渡航について。 自分でも調べたのですが心配がなくならない為、質問です。 2年以上、日本でお付き合いして、同棲していたアメリカ人の彼がアメリカで仕事をするために帰国しました。

ビザ215閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(7件)

0

まったくのまっさらからなら一度はESTAで入国できると思います。しかし、今後も出入りを繰り返したいなら一度の滞在が長すぎます。あと、訪れる回数が多いのでまずはBビザを取った方が無難だと思いました。 そのあいだにBFとの間で婚約者になれば婚約者ビザにすればいいわけですし。 悪いことはしていない、あちらで仕事をするつもりはないと言っても、入国審査官はほぼ疑っています。用意周到に入国準備する人も多いので会社経営してたりやHP解説してたりも関係ないと思います。 今後滞りなく往来したいのであれば移民弁護士と相談したほうが確実だと思います。

1

私の経験ですが・・・・ 一年間の間に 90日をアメリカで過ごし、10日ほど日本に帰り また90日をアメリカで過ごした事があります、 その年には 他にも5~6回行きました 183日問題もありましたが・・・・ 183日問題はしらばっくれました、 目的を聞かれると「ビジネス」と答えて・・・ まぁ 実際に仕事でしたが、 入国の際には 仕事の事をいろいろ聞かれましたが 正直に答えました、 その後は アメリカのワーキングビザをとり アメリカの会社に勤めました、なんの問題も無かったですね、 貴女のケースは判りませんが、

1人がナイス!しています

ご丁寧に有難うございます!そういった経験のある方がいて、少しだけ安心できました>< 私の場合、行った際にアメリカ旅行をYouTubeで発信したいと思っていまして、その約束で日本の会社からのお給料ももらう予定です。それはビジネスの為!と入国の際に言っても問題ないのでしょうか?もしよかったら教えてくださると嬉しいです…(;_;)

1

「伝聞」なので詳細はわからないが、ある女性がCBPに直接問い合わせたところ書面で返事が来て彼らの希望(というか「目安」)としては次回の訪問まで少なくとも90日はあけるべきと言われたらたらしいですね...あなたも直接CBP に聞いてみるのも一つの選択肢では?(普通のアメリカ人でもこのような「微妙な外交的」な作文は難しいと思うが(笑))。 もしemailで返事が来たらそれを持って行くと楽だろうし、いずれにせよ入国審査ではバケーションで来てBFにも会いにも来たとはっきり言うべきでしょうね。 自分の仕事に帰ることをはっきりさせるべきだろうし(会社員じゃないのでどうしたらいいのかわからないが)、また、十分な資金(見せ金じゃないという意味で数千万の定期とか、数千万くらいの自分名義のJALなど大手の株券のコピーとか(^_-)-☆)、もちろんCCとか帰りの航空券は当然のことだと思うが...

1人がナイス!しています

滞在費をカバーする程度の数百万くらいでも十分かも、しかし個人事業主だから難しいところですね。多ければ多いほどいいのかも。

1

>ESTAで行き来することは可能でしょうか? 全く不可能ではないですが、年に3回の渡米はかなり難しいと思われます。 今まで渡航歴はないのですよね?恐らく一度目は大丈夫かと思いますが、主様のような妙齢(ですよね?)の女性が一人で渡米されるとなると、彼氏がいるのか、どこに泊まるのかなど聞かれると思います。 あくまで推測ですが、別室行きは免れられないかもしれません。 泊まる予定のないホテルなどの名前を答えることはお勧めできません。例えば、友達のところに泊まると答えたら、今度はその友達との関係を事細かく聞かれるでしょう。スマホもチェックされます。 ウソをつくことは入国審査官が一番嫌うことなので、もし彼氏のところに泊まるのか聞かれたら、正直に答えたほうがいいです。ですが、聞かれていないことまで、ペラペラ話す必要はありません。話さないことはウソにはなりませんので。 できれば、日本との結びつきを証明する書類、リターンチケットはもちろんのこと、職場からの休職証明(個人事業主でしたら難しいでしょうが)、家、マンションの権利書など、絶対に帰国するというを審査官に納得させる書類を持参したほうがよろしいかと思います。 主様を入国させるかどうかは、あくまで担当した審査官の判断によりますので、渡米するまで不安は拭えないでしょう。

1人がナイス!しています

ご丁寧に有難うございます(;_;) 現在26歳です!嘘はつかずに聞かれたことは正直に答えて、頑張ります、、! 書類の持参は、1回目からした方が良いでしょうか?それとも2回目以降で良いでしょうか(;_;)もちろん1回目からの方が良いのかと思うのですが、毎回証明を出してもらうのも会社に言いづらくて(;_;)

3

結論から言いますと、誰にも分かりません。 入国審査官は、違法滞在の恐れがあると疑ったら、いつでも入国拒否を言い渡せる権限を持っているからです。 また、入国審査が厳しい空港と緩い空港があります。 個人的な意見ですが、あなたの計画は大変危険な行為です。 アメリカの移民局はビザ免除(+ESTA)での長期滞在を非常に嫌っているからです。 1年間にうちの長期滞在で入国拒否を受ける目安は、2回目で黄色信号、3回目で赤信号と言われています。 確実に「180日滞在できる」わけではないのです。 でも、これも様々で、1回目から入国拒否を受ける人もいれば、2回目3回目でも大丈夫だった人もいます。 たとえば、ハワイにコンドミニアムを買って年1回90日以内の滞在を楽しんでいた日本人シニアが、ある年に1年以内の2回目の90日滞在の入国をしようとして入国拒否を受けた話を不動産屋勤務の友人から聞きました。アメリカへの再入国が不可能になって、泣く泣く物件を手放したそうです。 あなたは、妙齢の女性であること、アメリカ人の恋人がいること、個人事業主で日本との繋がりが弱いこと、彼の家に滞在することなど、不利な条件が揃っています。 過去に、ビザ免除で渡米し、違法滞在してアメリカ人と結婚した日本人女性が大勢いたため、審査官は最初から疑ってかかる可能性が高いです。 下手をすると1回目から別室行きで、最悪の場合は1回目でも入国拒否を受けるかもしれません。 たとえば、帰路が変更可能な航空券を買って、友人訪問として1~2週間の短期旅行として入国してはどうでしょうか? ただ、入国審査で虚偽の申告はダメです。 荷物を調べられて嘘がバレたら、移民法違反で問答無用の強制送還になってしまいます。 だから、目的は「彼の家族にご挨拶」と正直に言ってもかまわないと思います。「結婚を考えているからこそ相手の家族と会いたい。結婚する決心ができたら、次はきちんと婚約者ビザを取得して渡米する」と答えればいいのですから。 入国してから「気が変わって」、滞在を延長して帰路の日にちを変更するのはよくあることです。 そして、長期滞在したら、その後は、婚約者ビザかCR-1で永住権を取得しない限り、最低でも1年間は入国を避けたほうがいいでしょう。 また、90日ギリギリまで滞在しないこと。 もし、天候不順で飛行機が飛ばなかったり、体調不良で飛行機に乗れなかったりしたら、違法滞在歴がついて、将来的に厄介になってしまいますから。

3人がナイス!しています

本当に詳しくご丁寧に有難うございます (;_;) 今回はチケットを取ってしまっているので、2回目の渡航では、もっと慎重に彼と話し合って、変更可能なチケットを取るなど、対策したいと思います!