現在、卒論でお茶(玉露)について研究しているのです。

茶道110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても詳しく書いてくださってて、どの方の考えを知ることができたこと、自分の至らぬ点があった事を痛感しました… お茶についてもっと知りたいと思ったのでこのようなテーマにしているのですが、参考書や関連サイトなど色々と紹介してくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2021/11/30 2:57

その他の回答(5件)

0

ペットボトル等で飲む玉露と名前のついた飲み物と、玉露にギャップがあるように思います。スタバの抹茶ラテと濃茶くらい違うといえば伝わるのでしょうか。 また、煎茶は文人趣味で『これぞ日本文化』と広まらなかった側面もあると思っています。

1

玉露は煎茶の1種です。 玉露は寒冷紗と呼ばれる布などで一定期間覆いをして、日差しを遮った状態で育てるのが特徴です。 被覆栽培で大切に育てられる玉露は、コクのある強い旨味が特徴です。 反対に他の茶葉の様に、渋味や苦味はあまり感じません。 これは、お茶の旨味成分であるアミノ酸が豊富に含まれているからです。 玉露は偶然に、碾茶(抹茶は臼で挽いた物)がほぐれた物をいれたら風味が良かったので、同じ製法で作り商品にした物です。 但し生産数が少ないので高価になり、茶葉全体の3%しか流通していません。 尚ペットボトルのお茶は、茶葉をお湯で入れた味からは遠い存在です。 更に玉露はいれるのに微妙なお湯温度があり、インスタントでは絶対に出せないから、お茶好きしか拡がらなかった。 飲料会社も、この事は解っていたので、近づける為に抹茶を少し入れ、抹茶入りと高級に思える商品を出しました。 でも雰囲気だけでは、あまり普及しなかった。 結論です。 今のペットボトル茶に慣れた人には、本当のお茶の味が判らぬから普及は難しいと思います。 抹茶は苦いと言う先入観は、まだ払拭されていません。 この質問は基本的な事が、バラバラでチグハグです。 先ず貴方様から、日本茶の種類から勉強して下さい。 https://chiran-omoiire.com/tashinamu/type 皆様は抹茶使用のスイ―ツしか知らない。

画像

1人がナイス!しています

0

淹れ方を知らない人が多いと思います。 きちんとしたことを教わる煎茶道がいま、 衰退しています。 また全然味の違うペットボトルが普及し みな味を曲解していると思う。 街のお茶屋さんも減ってるし。