ID非公開

2021/11/23 12:52

1010回答

宇宙にだって必ず果てはありますよね?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます

お礼日時:2021/11/30 15:21

その他の回答(9件)

0

その通りです。 「宇宙原理」というのは、宇宙には特別な場所が存在しないから、宇宙には中心や端が無いという理論ですが、この仮説は100年近く前に作られた詭弁ですので、21世紀の宇宙物理学には成り立ちません。 観測不可能な領域を含めた宇宙の全体像を画像で描いたり、立体の模型を造ったとしたら、必ず宇宙の中心や端がありますので、実物の宇宙も外側から見たら、必ず中心や端がわかります。 中心や端が無い宇宙を画像で描いたり、模型を造る事は理論上、不可能だと思いますので、「宇宙原理」を仮定したような宇宙の形は、この世に存在しない可能性が非常に高いです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 宇宙の外側の空間は3次元以上の高次元空間であるという説と、「無」があるという説があります。 下に貼り付けたマルチバース宇宙論のイメージ画像を見て貰えばわかりますが、高次元空間または「無」の中に多数の3次元宇宙が浮かんでいるという感じです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 138億年前に、時間も空間も物質も存在しない「無」から、量子ゆらぎが起きてトンネル効果で「宇宙のタネ」が生まれ、インフレーションを経てビッグバンの爆発的膨張が起きたという説が有力です。 物理学的には、この世に完全な「無」は存在しないと考えられていますから、「無」とは時間も空間も物質も存在しませんが、量子力学的な「ゆらぎ」があったという解釈をしています。 我々が通常理解する真空とは、エネルギーや質量が存在しない状態です。 しかし、実際には真空中では物質と反物質が生まれてはぶつかって消えていく事を繰り返し、エネルギーが変化する事で「真空が揺らぐ」現象が起こるのです。 この説は「真空の相転移」と言われ、インフレーション理論の提唱者である佐藤勝彦博士は、この「真空の相転移」論をビッグバンに応用する事で、「ビッグバン理論」の矛盾を説明する事ができるのではないかと考えたのです。 宇宙の外側の領域が「無」ならば、我々の宇宙が誕生したのと同じように、「真空が揺らぐ」現象が起きていて、宇宙の外側で多数のビッグバン宇宙が誕生しているという事になりますし、佐藤勝彦博士も以下のような事を言っております。 引用 無から創られるなら、宇宙は一つしか生まれないなどとは決して言えません。無の状態からはいくらでも宇宙は生まれるはずです。われわれの時空間とは関係のない別の時空間が生まれ、その中でもたくさん宇宙が生まれているはずです。 http://www.kanazawa-it.ac.jp/rg/rg2009/rep2009/rep2.html ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 宇宙の外に関しては、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻の須藤 靖教授が、以下のような説明をしています。 引用 これこそが「宇宙の外に宇宙はあるか」という疑問なのですが、そもそもこの文章は変です。最初の「宇宙」と2つめの「宇宙」が同じならば、それは「外」ではないし、もしも本当に「外」にあるものを問いたければ、それは宇宙とは別の単語を用いるべきです。 つまり、より正確には「我々の宇宙の外に別の宇宙はあるか」と問うているのです。でもこれでは面倒くさいので、異なる単語で使い分けるほうがずっとスッキリします。それが、ユニバースと、多数のユニバースの集合にあたるマルチバースという概念であり、拙著『不自然な宇宙』のメインテーマです。ここではそのさわりを紹介します。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59517 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 補足 宇宙空間は3次元的に無限であり、時間の始まりもないという宇宙論を否定する主な根拠として従来「オルバースのパラドックス」宇宙の広さが無限大だと理論的に夜空の明るさは無限大となる「ゼーリガーのパラドックス」宇宙の広さが無限大だと宇宙にある銀河等の総質量も無限大となり、星は周囲から無限大の重力によって引っ張られるため星としての存在を維持できなくなるという大きな矛盾が二つありますので、宇宙が無限である可能性はゼロです。

画像
0

百聞は一見にしかず。映画のウルトラマンゼロ超決戦ベリアル銀河帝国をご覧下さい。宇宙の果ての映像が見られます。

0

「地の果て」と言えば知床であったりアルジェリアであったりパタゴニアであったりしますが、そこから向こうがないということではなく、単に遠いということです。 宇宙の果てだって、人によって海王星あたりだったり、肉眼で見える250万光年くらいだったり、現在観測されている百億光年程度であったり、観測可能な450億光年程度であったり、サスキンドが考える10^10^10^122の大きさの空間の向こうだったりするでしょう。 そこまで行けばさらにその向こうに「宇宙の果て」があるでしょう。