ショアキャスティングのプラグについての質問です!

釣り181閲覧

ベストアンサー

0

確かにプラグによってというのはありますよね! 僕も1gで何が変わるのかと思ってましたが、実際に1g足すだけで全然違いました! ただ、そうすることによってフック自体が重くなってしまい、ブッキングしづらくならないかと心配です。 でも、プラグ本体に貼ると言っておられるように重さのかかる位置が変わり、浮き姿勢などが若干変わるのかもしれません! リング類などで色々試してみましたが、フックの大きさにたいしてあまりにもでかいリングをつけるのもおかしかったので、けっこう苦労してます!(笑)

その他の回答(5件)

0

昔フックの考察には力入れてました。 色々回答は出てますので簡潔に。 フックは少々大きくても吸い込みは大丈夫でした。 少々太くても、トレブルの2本ないし3本を貫くことを考えれば刺さりは良いと感じました。 刺さりさえすれば、シングルの方がキャッチ率は上がります。 問題は動きです。 リングをデカくしたり鉛を貼ったりしましたが、シングルフックでストックの動きを出すのは難しかったです。 ウッドの方がまだやり易かったです。 プラグは難しいです。 鉛を単純に張ってもボディ自体の重量を増やすと動きは緩慢になる事が多かったです。 あくまでもアイ下の重量調整と水かみと言うか抵抗が大事かと。

0

バス釣りなんかでよくありますが、アイにナスオモリなんか付けて重量調整してますよ 特に、風や波なんかで、水かみ悪い時はスローシンキングくらいに調整したほうがよかったりしますよ

0

私はリアはトレブルで使うことのほうが多いですね フロントのシングルが吸い込めなくてフッキングに至らなくてもリアのトレブルでスレ掛かりするってことも結構多いです 直立系のプラグだとリアが重い分にはウェイト調整がアバウトでいいですしね フック重量については最終的に浮き姿勢で判断したほうがいいです 鉛と鉄では比重が違いますから水中での浮力が違います 1cm^3の鉄と鉛を水中に入れた場合、鉄だと7.86gが6.83gになりますが、鉛だと11.36gが10.33gになります 要は1cm^3の水の重さ分だけ軽くなる、これをアルキメデスの原理と言います 同じ重さの鉄と鉛で考えると、鉛のほうが体積が小さいので重さの変化が鉄より少なくなります なので細かいところまで気にするならば、空気中で測った重さの違いを鉛で埋めようと重量差分に合わせた鉛を付けると、標準のフックを付けていた時と比べて水中では重過ぎることになります ま、そこまで気にしたことはないですね 垂直浮きのプラグだとダイビング性能を上げる為に#3/0が標準のルアーに#4/0や#5/0を付けたりもします 水平浮きのルアーだとなるべく近い重量にしますけどね シングルで使う場合はSJ-41だと#9/0、クダコだと#7/0まで使ってます まぁ私はルアーの動きを気にしないのでフロントにダブルで使うことのほうが多いですね 重さをきっちり合わせようと大きなシングルフックにしてルアーを抱いてしまってはヒット率以前の問題ですから、サイズを下げてでもダブルで使ったほうがいいこともあります ダックダイブみたいな細身のプラグだと結構抱きやすいですね

0

重さを気にしない訳じゃ無いけど、目的を最優先すればいいと思う 私がシングルがする目的はフックを太くして伸ばされにくくすること、キャッチ率を上げることで そのルアーの動きが破綻するほどじゃなければ気にしない 鉛については私は使わないけど 多分フックウエイト分としてではなく姿勢を整える為だと思う 浮き姿勢変わったら潜らせにくくもなるし、そういうルアーじゃなくても尻あがりになったりもするから

僕も太軸にしたいというのと、ルアーに傷をつけたくないという理由からシングルフックにしてます! フック設定が簡単なものは推奨重量に近いものを普通に作って付けてます! ルアーによっては少し重量が前後するだけで動きやダイブのしやすさが変わってきますので、けっこう苦労してます! 推奨10g前後のルアーに8.8gのフックを付けたらほぼ水面でばしゃばしゃするだけでしたが、板オモリをフックに1g分付けたらきれいにダイブするようになりました! ただ、そうすることによってブッキングしづらくならないかと心配ですが、そのフックでバイトが出たわけではないので実際にはあまり変わらないのかもしれません!(笑)

0

ルアー推奨フックの重量を参考に、シングル化してます。その際も、ピッタリな重量一致は求めてません。 シングル化目的は、フックの大型化、太軸化です。曲げられたり、折られたりしない為。 その為に、アクションへの影響は余り気にしてません。余りに、グダグダなアクションなら考えますが。 これで、バイト減った感覚はないですけど。 鰤、キハダ、GTなど。

ぴったりの重量にするのにはかなりシビアになりますよね! ルアーによってはフック重量の範囲が広いものがありますし、0.5g変わるだけでも動きやダイブのしやすさが変わってきます。 かなり色々試しましたが、バイト、フッキングまでは至ってません!