鐘紡が1936年に絹石鹸を発売するに至った背景を教えていただきたいです。

会社情報、業界市場リサーチ | スキンケア28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

思うに、花王とライオンについては石鹸が売れるところまで、日本が豊かになってきた時期なのだろうと思います。 カネボウは、もっと後になりますね。日本としては、より豊かになった時期ですよね。そこへ、カネボウのシーズから産まれたのではないでしょうか。 ここで戦争になります。 化粧品への参入は1954年になるようです。戦後の混乱からは抜け出て特需景気後です。 カネボウ「舞台白粉」の初代は1954年(昭和29年)になります。 https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/history-column/column_03.html

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とっても詳しい情報をありがとうございます!!参考にさせていただきますm(*_ _)m

お礼日時:2021/11/24 21:39