減価償却を求める際の定率方ですが、 何故残存価額を無視して求めるのでしょうか?取得原価から残存価額を引いてから求めるのでは?と思いました。

簿記 | 会計、経理、財務76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

より詳しく教えて頂きましたのでベストアンサーとさせて頂きます!

お礼日時:2021/11/26 23:24

その他の回答(1件)

2

定額法も定率法も現行法令では残存価額1円まで償却しますので旧定額法のような0.9をかけてから計算するやり方はしませんが、 定額法は償却の基礎となる金額を年数で均等配分するイメージ 定率法は毎期ごとの未償却残高を一定の率で償却する つまり、定率法は残存価額をベースに計算をしているわけではないのです。

2人がナイス!しています