回答(14件)

0

アコースティックな音だからに尽きると思います 弓の使用も含みます

0

エレキベースと競合しうるジャンルに限れば、 1 エレキの30フレット相当の音域を持っています。 2 弓が使えます。 3 重圧感と減衰音が何より魅力です。 4 見た目が上手そうに見える(と言う人もいます) 1 この競合ジャンルにおいて多くのウッドベース奏者はハイポジションで安定したピッチを維持できません。なので宝の持ち腐れになる可能性大です。 2 競合するジャンルでは有利なのにほぼお茶を濁す程度しか弓を使いません。なので完全に宝の持ち腐れでしょうか。 3 エレキベースはサスティーンを抑制するのに苦労するので神経質になる人が多くいますが、ウッドベースはネックの仕込み角度があり、駒も高く弦高も高いので普通に弾くだけで大丈夫です。 折角の有利な減衰音を手放し、弦高を下げるためにナットや駒を削ったりしたら重圧感や減衰感が減ってしまいます。 その代わりにサスティーンが得られますが、それを抑えることもせずに弾く…ちょっと丸出しの人が多いのは残念。

0

すぐに「ロカビリーの人だ」あるいは「ジャズの人だ」と分かってもらえる。 どちらに思ってもらえるのかは、格好次第。