東野圭吾著、ある閉ざされた雪の山荘で について

小説5,349閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

その他の回答(1件)

0

まず、殺されたと思われる仲間が、 実は生きていたというところ。 そして、壁の中で、 (名前は忘れましたが、主犯の女性) 山荘の中での出来事を観察し、 その視点の記述もあったり。 そして、いろいろな真相が明らかになり、 というところでしょうか。