簿記3級 訂正仕訳

簿記53閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:2021/11/27 8:38

その他の回答(2件)

0

>売掛金¥200,000の回収として、 これは、(貸)売掛金:200,000 であり仕訳ミスはありません。 >得意先埼玉商店振り出しの約束手形¥120,000 これは、(借)受取手形:120,000 であり、(借)支払手形:80,000 とすべきものを受取手形で計上していることになり仕訳ミスです。 >当店が振り出してあった約束手形を¥80,000を これは、(借)支払手形:80,000 であり、受取手形として計上していますので、仕訳ミス・漏れです。 その取引の正しい仕訳は、次の通りです。 ① (借)受取手形:120,000/(貸)売掛金:200,000 (借)支払手形-:80,000 となります。 それを、 ② (借方)受取手形 200,000 (貸方)売掛金 200,000 と仕訳していたということですから、受取手形を80,000 多く計上し、支払手形80,000を計上していませんから、受取手形を80,000 減少させ支払手形を80,000 計上する必要があり訂正仕訳は、 ③ (借)支払手形:80,000/(貸)受取手形:80,000 となります。 ②と③により、、結果が①となります。

0

受取手形を 80,000 減らして、 当座預金を80,000増やす。 → 当座預金 80,000 受取手形 80,000 自分が振り出した小切手を受け取ったときは 当座預金の増加