アで酸化アルミニウムと答えてはいけない理由を教えていただきたいです

画像

化学525閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほどです。問題文からは酸化被膜のほうでも状態の方でも、どちらで答えても間違えにはならないのではないかと思っていましたがせかせかさんの説明を聞いて納得できました。ありがとうございます(*^^*) その他の答えてくださった方々もありがとうございます!

お礼日時:2021/11/26 13:58

その他の回答(3件)

1

>>アで酸化アルミニウムと答えてはいけない理由を教えていただきたいです アは文脈から緻密な酸化被膜が何と呼ばれているかが書かれるところであって、緻密な酸化被膜の材料を書くところではないのだから、材料である酸化アルミニウムが答えになるわけないじゃない。

1人がナイス!しています

3

アの内容は『緻密な酸化被膜で覆われた状態』です。 酸化アルミニウムはこの内の『緻密な酸化被膜』部分だけのことなので不適切です。

3人がナイス!しています

1

文面から見ますと、酸化作用のある熱濃硫酸でAlが酸化され(酸化アルミニウム)、酸化アルミニウムが緻密な被膜になって内部を保護する状態(不働態)になると書かれていますので、(ア)は(不働態)の方が適切だと思います。 蛇足ですが、(イ)は(アルマイト)ですが、最近使われなくなってきましたね。

1人がナイス!しています