カブの遠心クラッチ3速ロータリーミッションでは、3速で走行して完全停止したときペダルを前に踏めば3→Nに入りますが、エンジンを切っている場合ときは前ペダル踏んでも3→Nに入りません、走行中3速から前ペダル踏ん

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

安全のためにそういう構造になってるだけ。 古い時代のロータリー型は走行中でもエンジンが停止だろうが始動していようがいつでもTOPからNでもNからLOでも入った。 もともとカブ系のエンジンは遠心クラッチなのに押しがけができる特別なものだ。 走行中にTOPからLOにできてしまう構造だと事故が増えたからコストをかけてでも改善したのだろう。 こういう考えかたをフールプルーフと呼んでいる。 昔の四輪はRにはレバーを押し下げないと入らないなどがあったが今のモデルは一回Nにすれば入るように改善された。

1人がナイス!しています