ID非公開

2021/11/26 18:36

33回答

今度会社の試験があるんだけどこの問題がいくら調べてもまったくとけません、高卒には無理難題です

画像

公務員試験 | 工学67閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/11/26 19:04

回答ありがとうございます。 ちょっと何言ってるか全然分からないんですけど 並列の抵抗は6と12Ωじゃないん?なんで4になるんですか?図では並列回路がまだ成立してないから? すまんホントなにも分からないんだ

その他の回答(2件)

0

① スイッチAが開いた状態での電流を求めます。 その時の電流をI1としますと I1=12÷(2+6)=1.5[A] 抵抗2Ωと6Ωが直列ですので、 全抵抗は2+6=8Ω 電流を出すには、電圧を抵抗値で割ればいいので 12÷(2+6) 結果、1.5[A]になります。 ② スイッチAが閉じた状態での電流を求めます。 その時の電流をI2とします 此処で、今度は12Ωの抵抗が6Ωの抵抗と 並列になっていますので、並列部の合成抵抗を 先に求めます。 r=1/{1/6+1/12}=1/{3/12}=4[Ω] 次にrと直列に2Ωが繋がりますので全抵抗r’は r'=4+2=6[Ω] よって I2=12÷6=2[A] I1とI2の差は I2-I1=2.0-1.5=0.5[A]になります。

0

スイッチAがOFFの時、 2Ωと6Ωが直列なので2+6=8Ω、 まとめてオームの法則を適用すると、 I=12/(2+6)=1.5 A スイッチAがONの時、 6Ωと12Ωが並列なので6×12/(6+12)=4Ω、 2Ωとこの4Ωが直列なので2+4=6Ω、 まとめてオームの法則を適用すると、 I=12/(2+6×12/(6+12))=2.0 A 差は 2.0-1.5=0.5