カンパレコードのエルゴレバーのことで悩んでいます。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

捕捉:カンパニョーロのエルゴパワーは構造的にグリス切れでも動いてしまいます。この状態で操作すると部品の摩耗が早くなるので不具合が出やすくなります。 インデックス機構部分が解放されているのでカンパニョーロ特有の『性能重視する代わりにメンテしてね(強制)』という考え方です。たまに黙視で確認してグリスアップする必要があります。 参考: http://cycle388.blog42.fc2.com/blog-entry-376.html ↑OHのためにカンパニョーロのエルゴパワーを分解している様子 問題の部品は縁がギザギザの部品です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私の住む市内と隣接する地域にはカンパを扱うお店はないみたいなので、代用品を手に入れて、それを使っている間に修理に挑戦しようと思います! 優しく丁寧なご回答、ありがとうございました♪

お礼日時:2021/11/27 3:39

その他の回答(4件)

0

私も同じ状況です。左シフトレバー内のパーツのすり減りでアウターの位置からインナー側へ落ちてしまうのでしょうね。 今はまだ時々インナーに落ちる感じですがいよいよになったら直せるかな?2011スーレコです。

0
0

「ケーブルは緩んでいません」って意味が分からんです。 まったくケーブルが動いてないのに変速するはずがないと思うんで… インナーに落ちてる時、FDのガイドプレートはインナーの位置にあるんでしょ? それは「シフターがおかしい」と、私なら判断しますね。 シフターのラチェットの引っ掛かり(歯か爪)が何らかの理由でおかしくなってると推測します。振動か何かで引っ掛かってる部分が外れるのでしょう。 自分でどうにかできるかは分かりません。 エルゴをばらしたり故障の対処は未経験なので。 シマノのSTIでたまにラチェットの爪が固着してアウターに変速できなくなります。 正確に言うと、アウターに変速するんだけどSTI内部のラチェットの爪が固着してるためにワイヤー巻き取り部が固定されず、レバーを戻すとインナーに戻ってしまう。 そんな時はSTI内部にクレ556やパーツクリーナーを吹いて、固着したグリースを溶かして対処するのが良くあるパターン。 固着が溶けたら、注油しておきましょう。 私はここでもWAKOSのメンテルーブw その手が使えればいいのですが。

ケーブルの件は、FDのボルトがゆるんでケーブルがたるんでいるわけではない、ということです。 最初はカチンときましたが、後半のご自身の経験やご丁寧な説明と優しいアドバイスに嬉しくなりました。ご回答、ありがとうございました!