転売というと非難されますけども。 じゃあ転売と仕入れ小売りってどう違うのですか。 化粧品の個人代理店だって転売じゃないんですか。

ヤフオク! | バイク642閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

買占めとか数倍の値付けがないのならそうでもないということでしょうかね。

お礼日時:2021/11/28 12:40

その他の回答(12件)

0

税金も当たり前です、転売前提なら盗難防止のため警察所で古物商を取って売っているかというのも目安になります。 私物以外はちゃんとしていないと何かあった時売った本人も買った側も困ることになります。仕入れ小売りは正規の仕入れなので補償することはできます。 転売は補償に困ることがある可能性があります。

0

他の方が詳しく書いてますが結局は仕入先の問題ですよね、私はメーカーや中国から仕入れて販売してます。 お店のを買い占め販売するのは駄目ですよね。

3

やっている内容の違い(一次流通と二次流通、流通に貢献する者と阻害する者)は既に何人もの方が言及しているので、他の点をば。 まず、その転売行為を継続的に行って利益をあげるにあたって、業者として届出出してません。したがって納税もしていない。 商品の品質保証、いやそもそも商品そのものである保証もしない。なぜなら立場としてはあくまで一般人であり、業者ではないから。 卸にせよ小売にせよ、業者はきちんと扱う商品について責任を持ち、またその儲けに応じた税金をきちんと納めてるもんです。 オマケに転売ヤーは一次流通市場に介入しておきながらその市場価格相場も守らない。なぜなら一般人であり業者ではないから。 普通、業者がメーカーの希望無視して好き勝手な値段で売り捌いたりなんかしたら次から干されますよ。あんたんとこには売りませんって。 転売ヤーがそうならないのは、販売元と正式に売買契約を取り付けて仕入れてる訳ではなく、消費者の立場を悪用しているから。 そういう消費者の立場を悪用した脱法・脱ルールもまた非難される理由です。

3人がナイス!しています

2

転売そのものは非難されていませんよ。 非難されているのは、小売店と消費者の間に入り込んで、私的独占を行い市場からの商品流通を枯渇させてから、 高値で売りつけるというビジネスモデルを行う「転売ヤー」が非難されているだけです。 そして、小売店などは、消費者価格を競争によって下げたりする効果こそあれ、社会的に不可欠な存在として認知されています。 転売ヤーは競争そのものを阻害して不正な価格高騰しか招いてません。 社会にとって全く必要がなく、誰も幸せにはしない存在だからこそ非難されます。 まー最近は、メーカーの反発を受けて定価割れ販売とかが転売ヤー名物になってますけど、結局は流通の枯渇化に失敗してるだけの話で、同情の余地はないといったところですね。 それでも昔は、地方では小売店が少なく、正規の流通網では手に入らない商品については、メーカーが直販してなかった商品を流通させるという意義があった場合もありましたけどね。 今は、メーカーが直接販売する市場もあるので、もうこの理屈も通らなくなって「お前がいなければ買えるんだ」という批難されているだけになってしまいましたね。 これが従来の量販店のように「2割3割引は当たり前ー」とメーカー小売価格よりも低価格販売が普通になれば転売ヤーも小売業界の1プレイヤーとして歓迎されるだろうとおもいますよ?

2人がナイス!しています