ライトショアジギングについて。そこそこイナダなどが釣れるのですが、ふと疑問が。殆どのケースは、着水してからボトムらへんまで落として、そこから巻いた直後あたりにバイトがあります。

釣り191閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

なるほど、あまりフォールは使って無かったんですが、イナダくらいの大きさだと効果的なんですかね?ワカシくらいの大きさだと高速ジャカジャカ巻きが調子良かったのですが、、大型化するとフォールとか、ふわふわ中層ゆっくり巻きとかでも食ってくる気が、、

その他の回答(3件)

0

水中何十メートル底の事は目で見てないのでわかりませんが、ファーストフォールでフラフラ追っかけてきて着底直前に既に食っているか、着底まで食わずに「なんだったんだこいつは?」ってなってて、次の動き出して反射的に食ってしまってるのかもしれません。

0

日によりますね。 どの仮説も考えられます。 それが釣りの面白いとこですよね。 私も1番びっくりしたのですが、青物もステイしているジグを10-20秒程見てから次のアクションで捕食する水中映像を見たことがあります。 水中内はベイトが多く活性が高いというより、群れで泳ぎながらその場に定着している状況でした。 ちなみにフォールはやっぱり強いです。 着底してから回収までしゃくるより、底から表層まできたら一回落とすだけでもやった方がトータルで釣果は多いです。 明らかにその日はフォールいらずで食ってくるならフォールを使わず数を釣ればいいと思います。

高速で動かさないと見切られると思ってましたが、意外とそうでもない日もあるんですね。奥が深い!フォールは食わせの間くらいしか考えてませんでしたが、ガッツリフォールを多用してみたいと思います。

0

最近は 一つテンヤでも 毎回2〜3本 ハマチ~70cmが掛かります ここ2回は 2本づつキープ出来てます 残りは 無理して切られたり 底で擦られて切れたり 自分が釣った青物は 全て底で釣ってます こちらで一般的なテンヤの動きだったり 中には 着底で掛かっていたり 自分がテンヤで釣った範囲やポイントでは 底付近にも居る事が有り 跳ね上げて フォール中に食い付く や 最初に底まで落とす時に 追いかけてくる事も有ると言うことですね