普段はboだけど、FXをやっていての話しですが、損切りとロスカットの違いって何ですか?

補足

自分の考えでは、ほとんど意味は同じだと思っていますけど、なぜなら損切りはロスカット、英語では、カットロス?ストップロス?とも言いますか? まぁFXを勉強、研究する上で損失の話より利益の話だとこの辺はそこまで重要視していないですが、言い回しはいっぱいありますね。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

そうですよね。僕も同じ勝ちだと思っていました。損切り=ロスカットで強制損切り(損切りの失敗)=強制ロスカットと思っていました。 損切りを損切りポイントと言い、ロスカットを強制決済と思われている人はいるんですね。 僕は用語としてはロスカットはほとんど使いませんが、この間、FXの話をした時、ロスカットの話しをされたので「損切りですね」と言ったら、「何を言ってるんです?損切りとロスカットは違いますよ」と言われました。

その他の回答(1件)

2

ロスカットは業者側がこれ以上顧客の損失を抑える言わばセーフティネットみたいな役割ですね。 海外業者などは20から25%が多いですね。 例え)20%がロスカットの業者で資金100万で運用する。損失が80万まで膨らんでしまった、ロスカットが20%なので自動的に決済されて20万になった。 損切りは自分でリスクを決めてそのリスクの水準になったら決済すること 例え)100万の内の10万円をリスクにする。エントリーしてみたら10万円まで損失が膨らんでしまったため決済した。

2人がナイス!しています

そうなんですね。 今まで面倒くさくて、上記を強制損切りと言っていました。 下記を損切りと言っていました。 言い方を変える方がいいですかね。