ID非公開

2021/11/28 20:20

77回答

ナポレオンが後半からは勝てなくなったのはなぜですか?

世界史 | ミリタリー531閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

3

「ナポレオン戦争」は「歴史学」でも「戦史的」にもいろいろな解釈があるんです。 一つ、俗に言われるのが「参謀本部」の登場です。 少し前から、この組織は存在したんですが、例えば「プロシア」では、いわゆる「シャルンホルスト、グナイゼナウによる改革」が行われたんです。 これによって、ナポレオン軍が、彼の天才によって指揮されたのに対し、プロシアなどでは、問題は有能なスタッフにより細分化され、個々に適切に処理されることによって、徐々にフランス軍を追い詰めることに成功した、という解釈です。 ただ、実はこれは一方で、確かに事実ではあるけれど、本質からすれば「ウソ」だとも言われているんです。 これは要するに、その後に訪れる復古主義の「ウィーン体制」で強調される内容なんです。 要するに、この時代は、ほころび始めた「貴族制度」を堅持する上からも「ナポレオンの勝利は軍略的工夫によるもの」と徹底的にされたんです。 でも、現代では、むしろ「フランス革命で台頭した市民軍の士気によるもの」といった解釈が主流になっています。 各国は当初、従来からの「常備軍」でこれに当たる訳ですが、とても敵わず、多くが最初の「徴兵」を試行しなければならなかったんです。 でも、「民衆の力で勝った」なんて「ウィーン体制」下ではどこの国も言いたくないんで、「戦場における機動」とか、「補給」とか、ことさらにそういうことが研究されたんです。

3人がナイス!しています

0

結果としてはgloomsharkさんの言う通り。加えて言うと、他国がナポレオン軍から学んだ、学べた背景を理解すべき。 ナポレオン軍が強かった理由。色々あるだろうが、正直言ってナポレオン軍が強かったというより他国が弱かったのだ。ナポレオン軍も他国の軍も、どちらも歩兵中心の軍なのに、行軍速度が2倍違った。これだけ違えばそりゃナポレオンは強いよ。 他国の軍の行軍速度が遅かったのは、軍にオマケが付いていたから。ナポレオン以前の軍は、貴族が傭兵を集めた軍だった。職に困ったならず者がいっぱいいた。だから軍人としての誇りはあまり持っていなかった。司令官クラスは貴族たちだから誇りの固まりだろうけどね。下の方はそんな体たらく。 そういう連中が明日も知れない仕事に就く。男が明日も知れないとなると、死ぬ前にもう一度というヤリ収めの未練が残る。という訳で軍隊にはその筋のお姉さまたちがゾロゾロと着いていた。将軍たちにすれば邪魔で仕方なかったのだが、職に困った連中が、メシが喰えて女とヤレる、それで集まってきていて、しかも明日も知れないとなれば、女たちを切り捨てるわけにもいかない。そんなことをすれば、兵たちが戦う意義を失って軍を離れてしまう。 ところがナポレオン軍に蹂躙されると、兵たちの雰囲気が変わった。女どもを切っても文句が出なくなった。だからこれまで切るに切れなかった女どもを切れたのだ。つまりナポレオン軍に侵略されたことで、侵略された国が民族主義に目覚めたのだ。 ナポレオンと敵対する国々もナポレオン軍と同じく民族主義に根ざすようになったから、ナポレオン軍のやり方を取り入れられるようになったし、その延長で更なる改革にも取り組めるようになったのである。

1

・ナポレオンの戦術(砲兵を活用し機動力で各個撃破)も、いい加減対策されるようになった。 ・ナポレオンの判断力や体力が加齢により衰えた。 ・有能な将軍で戦死したのが多くなり、補充が効かなくなった。 ・フランス同様、各国が傭兵ではなく国民軍を組織し、国を守るために戦うようになって士気が上がった。 ……あたりだと思います。

1人がナイス!しています

1

フランス軍の規模が拡大して、ナポレオン一人では制御出来なくなり 代わりにプロイセンで誕生した参謀本部制度が、有効に機能してそれ までの兵制を根本的に変えたからです。 ナポレオンてブランディーじゃないの??

画像

1人がナイス!しています