小学生でもわかるように(4)番の問題教えてください!宜しくお願い致します!

画像

算数42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(1件)

1

(1) アは角AOBですが、 円Oの円周のうち、ABの長さは12分の1の長さなので、 角度も360°の12分の1の角度になります。 よって、答えは30°です。 (2) (1)の答えより、角AOLも30°であることがわかります。 よって、角BOLは60°です。 BO=LOなので、角BLO=角LBO よって、三角形BOLは正三角形であることがわかります。 一辺の長さは、BOが円Oの半径なので12cmであることがわかります。 よって辺BLは12cm (3) AGとBLは垂直に交わっていて、 AGはBLをちょうど半分にする位置で交わっています。 よって、三角形BDGは 高さが6cm、底辺が6cmの三角形であることがわかります。 よって面積は18平方cm (4) 考え方として、 円の全体の面積から、 白い部分の面積を除いていく、というやり方で、面積を求めていきます。 まず、円全体の面積は 6×6×3.14 =36×3.14(平方cm)・・・① (とりあえず計算はここまでにしときます) 次にAGより上半分の円の面積は、 ①の半分で、 18×3.14(平方cm)・・・② 次に、三角形AOBを考えると、 (3)と同じやり方で、 18(平方cm) 次に、GBOのおうぎ形の図形を考えます。 この図形の面積は円全体の12分の1の面積になるので、 ①×1/12 =3×3.14(平方cm)・・・④ 最後に、 ①−②−③−④をします。 36×3.14−18×3.14−18−3×3.14 =15×3.14-18 =47.1-18 =29.1(平方cm) が答えです。

1人がナイス!しています