女性警察官は、増加傾向にあるとのデータですが 20年近く、私はある町に住んでいますが 女性警察官を見たのは、2〜3回しかありません。 ほとんど、男性警察官しか見たことありません。

公務員試験 | 政治、社会問題88閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

未だに全体の一割もいないため、出くわす機会は少ないです。 そもそも採用人数が少なく、警察官志望の女性も多数ではなく、また離職者も少なくありません。 ちなみに、女性だから事務職とか決まりはありません。妊婦なら内勤当直なしとなりますが、基本的に交番勤務や他の専任部署にいます。どの部門だから女性が多いとかはありません。 事務職は警察事務が担いますし、生活安全課の少年係とかは補導員がいますが、こちらは女性が多いため、特段生活安全課に女性警察官が多いとかもありません。 また被疑者、被害者共に女性だろうと、男性警察官は対応出来るよう訓練されてます。お客様商売ではありませんから、女性には女性と言うルールはないし、女性なら適切も絶対ではありません。 体力を使い、制圧するためのスキルや腕力も必要になりますから、女性警察官はいなくても何とかなる存在ではあります。

0

女性警察官の割合は確実に増えています。 1割以上を女性にする予定です。 女性警察官の交番配置は、大規模交番のみです。 私は都会に居住していますが、普通に女性警察官を見かけます。

0

そもそも警察志望の人に女性が少ないからです。 警察学校という厳しい環境についていけずフェードアウトもしてしまいますし

0

夜から忙しいんよ。 兵庫県警本部に所属する20代の女性警察官が、公休日などを使って風◯業に従事していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。この女性は9月下旬、警察官として勤務中に実弾入りの拳銃を駅構内のトイレに置き忘れ、県警が発表していた。 県警は一連の行為を受け18日付で、女性警察官を停職1カ月の懲戒処分とした。女性は同日、依願退職した。 捜査関係者によると、女性警察官は今年5~9月、宿直明けで早く勤務が終わる日や公休を利用し、デリバリ◯ヘルスなどの風◯業に従事。20回程度で計約30万円を得ていたといい、稼いだ金は外食などの遊興費に充てていた。地方公務員法が定める兼業禁止に違反し、同法の信用失墜行為にも当たるという。

0

地方都市なら女性警察官は本署にいます。 なので、交番などにはいないので会う機会は少ないですよ。