回答受付が終了しました

伊藤美誠が王芸迪に敗れたことで中国との差があるというのはどうでしょうか。 もともと王芸迪とは勝ったり負けたりしている中国4位の選手です。大きな

補足

王芸迪は劉詩雯や丁寧が敗退した国内大会で勝ち抜いたから 今回も世界卓球に参加しているのだし、比較的弱そうというのは 主観でしか無いでしょう。

回答(7件)

0

確かに差は縮まっていると思います。が、まだまだですね。伊藤美誠が毎回ゾーンに入るか、伊藤美誠を負かす選手が出てくればかなり期待できますね。 若手を見渡しても、あと5年はかかると思います。今のところでは、張本美和が一番の期待株です。

0

ID非公開

2021/11/30 12:47

貴方の投稿の通りに、[確かに力をつけ差を縮めている様に見えるし、そう思えます。] しかし、試合を見る限り全体的、最終的、結果的に中国が勝利し、優勝しているのは事実、真実なのは客観的に分かると思います。 何故かというと、中国卓球陣は先ず、日本人選手が勝ち上がると研究し打ち負かす対策を立ててしまう仕組みになっているでしょう。 しかし、私としては伊藤美誠さんを始め、日本選手も頑張って欲しいです。

ID非公開

2021/11/30 13:05

中国の卓球競技人口は概ね9600万人で卓球専門学校もそれ相当にあり、国技となっていますが、日本の卓球の競技人口は概ね30万人です。 しかし、日本選手でも、あくまで、ほんの僅か程度なら、幼い頃から卓球を学んでいる人の中から中国選手と互角くらいの強さの選手が育つ可能性は十分あると思います。

1

正直いって無理です。 中国の今、二軍ですが将来伊藤を負かせるくらいの選手が私が知ってるだけでも 2人ぐらいいますし。まだジュニアなので当分出てこないかもですが。 男子はドイツとスウェーデンが崩しそうですけどね。 女子は強い選手がわんさかいますしね。

1人がナイス!しています

1

個人的な意見ですが伊藤選手については実戦不足だと思います。オリンピックの次の実戦が世界選手権というのはさすがにどうかと。 王芸迪選手についてはもともと真っ向打ち合いにはとても強い選手なので、うまく崩せなければこの結果は仕方ないかなと。その意味でも実戦不足は痛いと思います。

1人がナイス!しています