ID非公開

2021/11/30 16:02

55回答

昔あった自転車で、黒くてロードっぽい形のフレームで、三角の上のフレームの上にメカメカしいATの車のシフトみたいな六段くらいのギアの変速機があって、後輪の右側に折りたたみ可能な金網の箱が付いている子供用の

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

統一された名前はない Wikipediaでは「少年用スポーツサイクル」というタイトルになっている 少年用スポーツサイクル(しょうねんようスポーツサイクル)、ジュニアスポーツ車は、1970年代に日本で流行した自転車の一形態である。トップチューブに装着されている自動車のセレクター(シフトノブ)を模したシフターと、2灯ヘッドライトがほぼ共通した特徴であり、加えてブレーキランプなどの灯火部品(フラッシャー)を装備したものはフラッシャー自転車とも呼ばれる。 当時はより簡素なシングルギアの少年用自転車に対して、外装変速機を用いたより本格的な自転車という意味合いから、サイクリング自転車、サイクリング車、と呼ばれることも多かった。また当時のスーパーカーブームに影響された実用性よりも豪華な装備を重視した姿勢から、スーパーカー自転車との呼び名もある[1]。

0

当時はジュニア車とかジュニア自転車とか呼ばれてましたね。 後ろの折り畳みのかごは後付けです。 あのカゴ欲しいんだけど、売ってないんですよね。 立て続けに質問するなら、その趣旨とか感謝の気持ちぐらい伝えては?

ID非公開

質問者2021/11/30 16:23

立て続けに質問してねよ?勘違いすんなよ。知恵袋の利用者ってたくさんいるだろう。

0

セミドロップハンドルってやつだと思います。 ノーマルハンドルとドロップハンドルの中間みたいなやつで自動車のATシフトみたいなのが付いてる。 折りたたみの籠は汎用でどの自転車にでもつけれた。 東京ですが昭和の時代に小学生の間では流行った。 ネットでセミドロップ 画像で検索すればヒットすると思う。