伸縮する釣り竿が自重で勝手に縮まないようにするいい方法はありませんか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

熱収縮チューブでやることにしました。 最初は結束バンドで締めたんですが、地がツルツルで滑るので ありがとうございます

お礼日時:2021/12/6 7:43

その他の回答(12件)

1

調整するときは少し回しながら伸ばして固定するとOKです調整が 終わったら 常設用ならインシュロックで止めて下さい外すにはニッパー等で切る必要が有りますが その他にはテープで巻く(事故癒着テープ)防水にもなります 次はビニールテープ 私は移動の時はマスキングテープ(あまり粘着力が無いので剝ぎやすい)巻いてます

1人がナイス!しています

1

yet********さんのアイデアに似ていますが、それだと高価ですし何個もつける事になるので見栄えが悪いですね。 重量も増加するし・・・ で私はタイトンとか言う様な結束バンドを接続部の細い方にきつく装着し、余計な部分はニッパで最小限に切ります。 釣竿を何かの理由で縮める時は安いんで惜しげもなく切りゃあ良いんです。 問題は耐久性ですが数年程度は大丈夫でしょう。そもそもグラスファイバーとは言え釣竿の対候耐久性はそんなもんでしょう・・・たぶん。

1人がナイス!しています

2

グラスファイバーの伸縮ポール12m(スパイダービーム社)を使っています。 各接続部分に電気ドリルで貫通して、硬いハリガネ(手で曲げれるもの)を 適当な長さにきって、貫通した穴にハリガネを通して、両サイドの突き出た部分をポールの下に折り曲げます(つまりコの字)、そうすれば通したハリガネが抜ける心配もなく、外す時はコの字のハリガネを一の字にして引き抜けば良い。 自重落下の心配はありません♪ グラスファイバーの伸縮ポールによっては、肉厚がかなり薄いものはこの方法は適しませんので注意してください^^; それでは73!

2人がナイス!しています

この伸縮運用スタイルの利点は、 1.道具が必要でない事。 (ドライバーやニッパー等が不要) 2.伸縮に時間がかからない事。   (ドライバーで締めるリング締め等は時間がかかりすぎる) 3.怪我をする心配がない。   (金具のリング締めは怪我をする恐れがあります) 4.自重落下の心配がない。   (風等やアンテナ線等を引っ張って負荷を与えても落下しない)

2

ホースバンドで、口径の細い方に取り付けています。必要以上に締め付けなければ問題はありません。

画像

2人がナイス!しています

伸ばした時の、上側、つまり、口径が小さい方に取り付けます。このホースバンドがストッパーとなり勝手に縮むことはありません。 サイズは大小いろいろあります。ホームセンターで買えます。