ワンピッチジャークのやり方で、ハンドルを巻く手が上に来た時にしゃくる。と良く説明されていますが、ハンドルを巻く手が下に来た時でも変わらない気がしています。何か違いがあるのでしょうか?

釣り143閲覧

ベストアンサー

0

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

追加質問にも答えていただきありがとうございました。 ベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:2021/12/2 20:17

その他の回答(3件)

0

「ハンドルを一回転させる」と言う事では上でも下でも同じです、操作感の違いですね。 リールを巻きながらジャークを入れるので、ハンドルの巻き(上下)と竿のシャクリ(上下)を合わせて行います。 なので、ハンドルを上に巻き上げながら竿をシャクリ上げて、ハンドルを下に巻き下げながら竿を降ろすと言う具合に上下の振りを両手で合わせた方がタイミングを取りやすいので一般的にはそのように説明されているのだと思います。

0

単に説明が楽だからだと思いますよ? ぶっちゃけ、ワンピッチジャークは、 ・竿を上下させたとき、ハンドルを1回転させる ということですから。

0

主に船のシャクり方です。 両腕で上にシャクるので重いジグをラクに力強くシャクれます。 ハンドルを持った手側でもロッド操作に加担しています。 重いジグで深さもあるバーチカルの釣りでロッドも柔らかく短めなので、そうした方がラクです。 アワセを決めるという意味でも両手でシャクる方が良いです。 ライトショアなんかはジグが軽いので、ロッドとハンドルが逆でもシャクれますし、シンドイと感じないならどちらでも良いです。