NHKの逆転勝訴確定。 映らぬテレビに契約義務、最高裁。

2人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(16件)

1

裁判する金があるならば支払った方が安くない? まだ、訴えられていない人は払わなければよい。

1人がナイス!しています

6

おかしいよね。観たくないって言ってるのを観せて金を取るビジネスはいかんと思う。

6人がナイス!しています

6

改造した受像機でも、元に簡単に戻せなく、もともと最初から見れないように製造され、簡単に直せなく見れない証拠が有ればNHKの敗訴になる。元に戻せば見る事は出来ると言ってる人が居るが、元に戻してそれを証明しなればNHKは勝てない。 立証責任はNHKにある。元から見る装置がないとする証明を行うことができれば良い。最初から見えない受像機を買ったとするなら、NHKの主張する意味が違う。加えて当人が、視力が無く、全く視聴力が無い人もいるから、NHKが立証責任を負う必要がある。 国会で決めたが、かなり昔の決定だから、現状にそぐわない点も多い。 憲法の国民の権利の一環として、視聴覚の自由の権利も当然あるから、今の、NHKを無条件に全員見る観点に基づき決定された、最高裁の判決は、明らかに違反である。見るべき必要性が無い国民が多いから、最高裁は無料にすべきである。 現在においては、スマホでもNHKの番組が目れるようになっているから、スマホでも、今後NHKが受信料を取っても、今後合法となる可能性が大だ。 所詮最高裁判事は、政府が決定するから、政府寄りの判決ばかり出している。彼らは、保身のためなら、国民のことは考えないで保身を優先している傾向が強い。 これまで、モリ、カケ 問題等にもみられるが、民意が無視されている現状が感じられるのも事実である。

6人がナイス!しています

5

まあ、放送法がある以上は『NHK放送を視聴できないよう加工したテレビを自宅に設置』の時点で、その後視聴できるように加工することも可能ですので、当たり前のことでしょう。

5人がナイス!しています

1

最高裁の判断ですね。最後までお疲れさまでした。

1人がナイス!しています