「ダブルウィッシュボーン」について素人にも簡単に分かる解説をお願いします。

新車 | 車検、メンテナンス226閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そういうことでしたか。 詳しい説明をいただき、だいぶん分かってきたような気がします。 構造的にもっと調べてみたくなりました。 ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/8 23:08

その他の回答(5件)

0

図解を見ても理解出来ないなら、諦めなさい。

1

正面(後方)からみて、 下側を支える「ロワアーム」と 上側を支える「アッパーアーム」 がある形式といえます。 →見方によってはマルチリンクとも解釈できますので、 大まかな定義としては上記を備える形式と言えます。 現在フロントに多く使われている「ストラット式」は、 基本的にアッパーアーム(上側)がありません。

1人がナイス!しています

1

「ダブルウィッシュボーン」について素人にも簡単に分かる解説をお願いします。 名前の由来から ダブル=2つ(2組) ウィッシュボーン=鳥類の胸元にある叉骨という骨 チキンの丸焼きを食べた後に 2叉状の胸骨を外して 二人で両端を持ち引っ張って割ることで 胸骨の頂点がついている方が願いが叶うという言い伝えから ウィッシュボーンと呼ばれ その2叉状の胸骨の形に似たアームを 二対使用するサスペンション形式であることから 「ダブルウィッシュボーン」 ダブルウィッシュボーン式サスペンション A字型のアッパーアームとロワアームが 上下2組になっているサスペンション この2組のアームの長さが異なる点が特徴 上下のアームを きっちり同じ長さ・平行にしてしまうと 例えば 高速で左右に曲がる際に 車体の傾斜と同角度でタイヤが傾いてしまいます

画像

1人がナイス!しています

0

「ウィッシュ」で区切ってしまうから分らんのだよ。 「ウイッシュボーン」で調べ直してみなさい。